右旋/左旋を両方受信可能

パナソニック、4K・8K本放送の左旋電波も受信できるBS・110度CSアンテナ

編集部:小野佳希
2017年01月27日
パナソニックは、4K/8Kの本放送で使用される左旋方式のBS・110度CS放送の受信にも対応するアンテナ「TA-BCS45U1」を2月24日より発売する。オープン価格だが14,000円前後での実売が予想される。べランダ・壁面取付金具キットなどを同梱した「TABCS45UK1」も同時発売し、こちらは16,000円前後での実売が予想される。

TA-BCS45U1

従来の右旋方式に加えて左旋方式のBS・110度CS放送の受信にも対応。これにより、現在視聴できる右旋による放送はもちろん、2018年12月1日から開始される4K・8K実用放送で新たに加わる左旋方式による放送も視聴できるようにしている。

また、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)で定める認定規格「SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)」を取得。同マークを取得する他の周辺機器と組み合わせて使用することができる。

さらに、雑音指数0.45dB(標準)の低雑音コンバータを搭載。これにより、大画面テレビで鮮明なBS・110度CS放送の受信映像を楽しめるとしている。
【お問い合わせ先】
パナソニック
VIERA(ビエラ)ご相談窓口
TEL/0120-878-981

関連記事