ハイレゾなど音再現でも協力

パナソニックとベルリン・フィルが技術開発で協業。DCHを4K/HDRで配信

編集部:風間雄介
2016年12月28日
パナソニック(株)は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(ベルリン・フィル)と技術開発協業契約を締結。2017年1月1日から協業を開始する。今年のIFAで発表していた協業の正式契約が行われた格好。


パナソニックの4K/HDRやハイレゾ技術を用い、コンサートホールでのライブ体験を家庭や車内で再現することを目指す。

具体的には、ベルリン・フィルのホールや映像スタジオに、パナソニックの4K/HDR対応カメラやモニターなどの機材を2017年7月に納入開始する。ベルリン・フィルは2017/2018コンサートシーズンから、映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」を4K/HDRで配信する。

音質面についても、パナソニックとテクニクスの映像・音響関連機器を用い、コンサートホールのより高品位な音再現に向けて協業を進める。

さらにパナソニックは、「ベルリン・フィルの子会社であるベルリン・フィル・メディアの知見を得て、録音、編集、再生、評価までの工程で、演奏者の意図を忠実に再現する技術をいっそう進化させていく」とコメント。また車内空間においても、コンサートホールにいるような視聴体験の実現を目指すとしている。

関連記事