エディー・キュー氏がTwitterで明らかに

iTunes Matchの上限曲数が10万曲に引き上げ −今年秋登場のiOS 9から

編集部:小澤 麻実
2015年06月29日
アップルは、今秋のiOS 9のリリースにあわせ、「iTunes Match」の上限曲数を現在の25,000曲から10万曲へと大幅に引き上げる。アップルのシニア・バイスプレジデントであるエディー・キュー氏がTwitterでユーザーからのリプライに答えるかたちで明らかにした。



「iTunes Match」はクラウドで音楽データを同期&ストリーミング再生できるサービス(関連ニュース)。年間登録料は3,980円。

「Apple Music」は、6月30日から世界100カ国以上でサービスインするストリーミングサービス。月額使用料は9.99ドルで、最初の3ヶ月は無料となる。日本向けには「まもなく登場」とアナウンスされている(関連ニュース)。

なおユーザーからキュー氏宛に「Apple Music登場後もiTunes matchの利用料を払わなければいけないのか?それともApple Musicの利用料に含まれるのか?」という質問もなされたが、それについては「Apple Musicにない音源を自分のライブラリからアップロードできるという基本的な部分は同じ」と答えるだけで、結局料金プランがどうなるのかは明らかになっていない。


関連記事