ネットラジオやアーティスト交流SNSを統合

音楽ストリーミング「Apple Music」が6月30日開始。月額9.99ドル − 日本にもまもなく登場

編集部:小澤貴信
2015年06月09日
アップルは米国時間6月8日にアプリ開発者向けのイベント「WWDC」を開催。音楽ストリーミングやネットラジオ、アーティストとの交流機能を統合した「Apple Music」を発表した。世界100カ国以上で6月30日よりサービスを開始する。月額使用料は9.99ドルで、最初の3ヶ月は無料となる。

Apple Music

なお、Apple Musicの日本版サイトがすでに開設され、日本には「まもなく登場」とアナウンスしている。

日本向けサイトも開設され「まもなく登場」とアナウンス

利用できる環境はiOS8.4以上のiPhone、iPad、iPod touch。およびiTunesのアップデートを実施したMac/Windowsとなる。Apple TVとAndroidについても2015年秋に利用可能になる。なお、6ユーザーまで利用できるファミリー向けプランも月額14.99ドルで用意される。

Apple Musicは、MacやiPhone、iPadなどで利用可能だ

Apple Musicは音楽ストリーミング、プレイリスト提供、ネットラジオ、ミュージックビデオ、アーティストとの交流機能などを統合する形で提供される。Macについては、Apple MusicがiTunesに統合される。iTunes上では、Apple Musicでストリーミング提供される楽曲と、すでにiTunesに取り込んでいる音源(iTunes Storeでダウンロード購入した楽曲やCDリッピングした楽曲)を統合したライブラリとして管理できる。ローカルライブラリとApple Musicのライブラリの両方を横断しての楽曲検索も可能だ。

また、Apple Musicに加入するとiTunesライブラリ全体がiCloud上に置かれ、ローカルのiTunesライブラリとApple Musicのライブラリが自動比較される。Apple Musicにない楽曲はアップロードされ、全ライブラリがストリーミング試聴できるようになる。このあたりはiTunes Matchと同様だろう。

音楽ストリーミングのクオリティについては現時点で明かされていない。曲数は「数千万曲」(日本語公式サイトでは「数百万曲」)としている。ローカルに保存してオフライン時に試聴することも可能。サービスの特徴としてはプレイリストを含む強力なレコメンド機能と、アーティスト連携機能が上げられる。

レコメンド機能「For You」は、バブル状のアイコンから好みのジャンルを選択することで、お薦めのアーティストや楽曲が紹介される機能。レコメンド機能はアルゴリズムによってユーザーの嗜好を学習し、より好みの楽曲をお薦めしてくれるという。

レコメンド機能「For You」

プレイリストについては、アップルのエキスパートが豊富な音楽知識を元に作成したものが提供される。アップルは、音楽ジャンルごとに専門のエキスパートチームを用意したとしている。また「Rolling Stone」や「Q」、「Pitchfork」といった有名音楽誌や音楽ウェブサイトが作成したプレイリストも提供される。

アーティスト連携については、「Connect」機能を用意。人気アーティストの最新曲やプレイリストが提供されることはもちろん、動画や写真などもアップされて直接ファンに届けられる。こうした投稿にコメントするなどSNS機能も備える。また、アップルと契約していないアーティストも、Apple Musicで音楽をシェアすることができる。Apple Musicに加入していないユーザーが、好みのユーザーをフォローすることも可能だという。

アーティスト交流機能「Connect」も大きな特徴

ネットラジオは名称を「beats 1」とする。24時間休みなく、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンから放送が行われ、アーティストのインタビューやゲストによる楽曲紹介、ニュースなども提供される。ラジオの中心となるのはBBC Radio 1などでもディスクジョッキーを務めたZane Lowe氏。この「beats 1」はApple Musicに加入しなくても試聴でき、世界約100カ国以上に向けて配信される。

ネットラジオ「beats 1」を開局

数万タイトルにおよぶミュージックビデオも提供され、広告なしで視聴することも可能だ。

Siriを使って聴きたい音楽を探すこともできる。例えば「R&Bのトップ10を教えて」「1984年のベストヒットが聴きたい」とSiriに聴けば、該当する楽曲を紹介してくれる。

関連リンク

関連記事