Safariの高速化も実現

アップル、iOS 4.3を近日公開 − iTunes共有に対応、AirPlay機能強化も

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月03日
アップルは、iPhone/iPad/iPod touch向けの新ソフトウェア、iOS 4.3を近日公開することを正式発表した。米国では3月11日に公開するとアナウンスしている。

iOS 4.3に対応するのは、iPhone 3GS/iPhone 4、iPod touch(第3世代/第4世代)、iPad/iPad 2。

iOS 4.3ではAV機能が強化される。新たにiTunesホームシェアリングに対応し、iOSデバイスからPC/Mac内のiTunesライブラリにアクセスし、再生を行えるようになった。音楽だけでなく映画やポッドキャスト、オーディオブックなどの再生も行える。

iTunesホームシェアリングが可能になる

これまでは「Remote」アプリを利用することで、PC/Mac内のiTunesライブラリを操作できたが、iTunesホームシェアリングでは直接PC/Macのライブラリを再生することが可能になる。

また、動画や音声のワイヤレス通信機能「AirPlay」もアップデート。新たに「写真」アプリ内のビデオに対応し、iOSデバイスで撮影した動画をAirPlayで送れるようになる。さらにAirPlay対応のアプリやウェブサイトの映像をストリーミングすることもできるようになる。

iOSデバイスで撮影した動画をAirPlayで送ることができるようになる

ブラウザー「Safari」では、新たなJavaScriptエンジン「Nitro」を採用。JavaをiOS 4.2の最大2倍の速度で実行することができ、これによりウェブ閲覧の快適さが向上するという。

そのほかiPad本体横のスイッチは、スクリーンの回転ロックかミュートかを選択できるようになる。

またiPhone 4ではワイヤレスルーター機能「パーソナルホットスポット」に対応。3Gネットワークを、Wi-FiやBluetooth、USBでほかの端末と共有できる機能だが、日本国内では利用できない。

関連記事