他社製アプリの動画配信が可能に

アップル、iOS 4.3をリリース − AirPlay強化、iTunesホームシェアリングも可能に

ファイル・ウェブ編集部
2011年03月10日
アップルはiPhone/iPad/iPod touch向けの新ソフトウェア、iOS 4.3を公開した(レビュー記事はこちら)。3月11日に公開するとアナウンスしていたが、予定が早まった。Apple TVも新ソフトウェアの提供が開始された。

iOS 4.3に対応するのは、iPhone 3GS/iPhone 4、iPod touch(第3世代/第4世代)、iPad/iPad 2。

iOS 4.3では動画や音声をワイヤレスでストリーミング配信できるAirPlay機能を強化。新たに「写真」アプリ内のビデオに対応し、iOSデバイスで撮影した動画をAirPlayで送れるようになった。またiTunesのプレビュー動画をAirPlayで配信するも可能になった。

またAirPlayによる動画配信は、これまでアップル製のアプリでしか行えなかったが、これをサードパーティー製アプリにも開放。サードパーティー製アプリの映像を、第2世代Apple TVを通して、テレビで視聴することが可能になった。

新たに「iTunesホームシェアリング」にも対応。iOSデバイスからPC/Mac内のiTunesライブラリにアクセスし、再生を行えるようになった。音楽だけでなく映画やポッドキャスト、オーディオブックなどの再生も行える。なお、本機能の利用にはiTunes 10.2以上が必要となる。

そのほか、ソーシャル機能「Ping」では、コメントなどの通知機能を追加。さらにコンテンツの再生画面から、直接コメントや「いいね!」を投稿することも可能になった。

ブラウザー「Safari」では、新たなJavaScriptエンジン「Nitro」を採用。Javaの実行速度がiOS 4.2の最大2倍となり、これによりウェブ閲覧の快適さを高めた。

細かなところでは、SMS/MMSの設定で、通知音を再生する回数の設定が可能になった。iPadでは、本体横のスイッチの役割が設定できるようになり、スクリーンの回転ロックかミュートかを選択できる。

またiPhone 4ではワイヤレスルーター機能「パーソナルホットスポット」に対応。3Gネットワークを、Wi-FiやBluetooth、USBで最大5台までの、他の端末と共有できる機能だが、日本国内では利用できない。

関連リンク

関連記事