「iTunes in the Cloud」機能に対応

アップル、iCloud+iOS 5対応の「iTunes 10.5」を提供開始

ファイル・ウェブ編集部
2011年10月12日
アップルは、Windows/Mac用のソフト「iTunes」バージョン10.5の提供を開始した。

Mac版のiTunes 10.5

iTunes 10.5では、米国時間10月12日に提供開始が予定されているiOSの最新版「iOS 5」に対応。Wi-Fiを使い、iOS 5搭載機器とワイヤレスで同期する機能などを新たに備えた。

また新たな機能として「iTunes in the Cloud」機能にも対応。楽曲やテレビ番組を購入すると、購入履歴がiCloudに自動的に保存される。すると同じApple IDで紐づけられたPC/MacやiOS機器に、楽曲などが自動的にプッシュされ、ダウンロードされる。

楽曲や電子書籍の自動ダウンロードが可能になった

これまではPC/MacのiTunesで購入した楽曲をiOS機器で聴く場合、iOS機器と同期して楽曲を転送する必要があったが、iTunes 10.5とiOS 5を組み合わせることで、同期する手間の必要がなくなる。もちろん、iOS機器で購入した楽曲をPC/MacのiTunesですぐさま自動ダウンロードし、聴くこともできる。なおiOS機器側の設定で、Wi-Fiだけでなく3G回線でのダウンロードを行うように設定することも可能だ。

さらにiTunes in the Cloudでは、過去に購入した楽曲やテレビ番組、アプリ、電子書籍を無料で再度ダウンロードすることもできる。

ただしiTunesのページには「iTunes in the Cloudの音楽機能は、現在一部の国ではご利用いただけません」と注記が書かれている。

関連リンク

関連記事