フルHD/120p撮影にも新対応

ソニー、4K対応“アクションカム”「FDR-X1000V」

編集部:小野佳希

前のページ 1 2 3 次のページ

2015年02月24日
ソニーは、ウェアラブルビデオカメラ“アクションカム”の新モデルとして、4K対応機「FDR-X1000V」と、従来より高画質化を実現させた2Kモデル「HDR-AS200V」を3月13日に発売する。本項では4K対応モデル「FDR-X1000V」について紹介する。

FDR-X1000V(本体のみ)¥OPEN(予想実売価格51,000円前後)
FDR-X1000VR(リモコン付属キット)¥OPEN(予想実売価格60,500円前後)

FDR-X1000V

FDR-X1000VとHDR-AS200V

■4Kに加えフルHDでの120pハイスピード撮影にも新対応

4K(3,840x2,160)/30p、100Mbps撮影に対応した点が大きな特徴。今年1月に米国で開催されたCESにて発表されていたモデルの日本市場投入が明らかになった格好だ。なお、4Kの記録形式はXAVC Sで、24p撮影にも対応する。30p時、24p時ともにビットレートは約60Mbps/約100Mbps。

ライブビューリモコンとのキット「FDR-X1000VR」

フルHDでの撮影は、MP4とXAVC Sに対応。新たにフルHDでの120p、およびHD(720p)での240pハイスピード撮影にも対応し、PC用ソフト「Action Cam Movie Creator」を使用すればスローモーション映像の編集が簡単に行えるとしている。

液晶モニター部

撮像素子には総画素数約1,280万画素、動画時約880万画素の1/2.3型 Exmor R CMOSセンサーを搭載。従来は4ピクセル同時処理の画素加算読み出し方式だったが、今回は1ピクセルずつ処理する、画素加算無しの全画素読み出し方式を新たに採用。これによりジャギーやにじみを低減させた。

従来から引き続きIPX4相当の防滴仕様で、本体に三脚穴を新たに装備。アダプターを使用せずに三脚を装着できるようになった。また、付属の防水ケースは水深10m対応にまで防水性能を高めている。

本体に直接三脚を取り付けられるようになった

■手ブレ補正強化でドローン等での使用にも

画像処理エンジンにはBIONZ Xを、レンズにはF2.8、f=2.8mmのZEISSテッサーレンズを搭載。35mm換算時はf=17.1mm(170°),f=21.8mm(120°)。なお本体メモリーは内蔵しておらず、記録媒体はメモリースティックマイクロとマイクロSDカードの両方に対応。XAVC S撮影にはクラス10以上のカードの使用を推奨している。

「ループ録画」「ハイライトムービーメーカー」など新撮影機能

前のページ 1 2 3 次のページ

新着記事を見る
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドSONY
  • 型番FDR-X1000V
  • 発売日2015年3月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格51,000円前後)
【SPEC】●撮影素子:1/2.3型ExmorR CMOSセンサー、総画素数 約1,280万画素 ●有効画素数:動画時…約880万画素(16:9)、静止画時…約879万画素(16:9) ●記録媒体:メモリースティックマイクロ、microSD/SDHC/SDXCメモリーカード ●接続端子:マルチ/マイクロUSB端子、HDMIマイクロコネクター、ステレオミニ端子 ●連続撮影時間:4K 30p…約50分、HQ 30p…約1時間55分 ●充電時間:約4時間5分 ●外形寸法:約24.4W×51.7H×88.9Dmm ●質量:約114g(付属バッテリー含む)
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドSONY
  • 型番FDR-X1000VR
  • 発売日2015年3月13日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格60,500円前後)
【SPEC】●撮影素子:1/2.3型ExmorR CMOSセンサー、総画素数 約1,280万画素 ●有効画素数:動画時…約880万画素(16:9)、静止画時…約879万画素(16:9) ●記録媒体:メモリースティックマイクロ、microSD/SDHC/SDXCメモリーカード ●接続端子:マルチ/マイクロUSB端子、HDMIマイクロコネクター、ステレオミニ端子 ●連続撮影時間:4K 30p…約50分、HQ 30p…約1時間55分 ●充電時間:約4時間5分 ●外形寸法:約24.4W×51.7H×88.9Dmm ●質量:約114g(付属バッテリー含む)

関連記事