1.0型Exmor Rを搭載

ソニー、4K撮影対応予定の最小・最軽量XDCAMメモリーカム「PXW-X70」

ファイル・ウェブ編集部
2014年07月29日
ソニーは、世界最小・最軽量を実現した業務用XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X70」を9月19日に発売する。価格は28万円(税抜)。

ソニーの業務用XDCAMメモリーカムコーダー「PXW-X70」¥280,000(税抜)

外形寸法は130.3W×180.9H×287Dmm、質量は1.4kgと、XDCAMシリーズで最も小型・軽量化を実現。同社では「記者単独取材の撮影やドキュメンタリーのサブカメラ用途など、機動力が求められる幅広い現場」にむけて提案する、としている。

撮像素子には1.0型、総画素数2,000万の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」を搭載し、低照度な撮影環境でも精細な映像を撮影できる。さらにセンサーは4Kに対応しており、2015年上期を予定している有償のファームウェアアップデートにより、4K撮影・記録も可能になるという。

またマルチフォーマットに対応。XAVC Long GOP 422フォーマットから、AVCHD、DVまでをカバーしているほか、本体のファームアップによりProxy(プロキシ)記録にも将来的に対応する予定だ。

レンズはZEISS バリオ・ゾナーT*で、広角29.0mmからの光学12倍ズームに対応。全画素超解像ズーム機能を用いて24倍に、さらに2000万画素の高解像度センサーを生かした高品位なデジタルエクステンダーにより、最大48倍ズームを実現している。

ビューファインダーは0.39型有機ELで、アスペクト比は4対3、約144万ドット。液晶モニターは3.5型でアスペクト比16対9、約156万ドット。

そのほか機能面では、ワイヤレス機能が充実。Wi-Fiを内蔵しただけでなくNFCにも対応し、ワンタッチでスマートフォンやタブレットと無線LAN接続ができる。スマホアプリ「Content Browser Mobile」を使って、撮影前のアングル確認や録画中のモニタリング、カメラのリモコン操作などが行える。またファームウェアアップデートにより、将来的にはストリーミングやファイル転送にも対応する。

その他、業務用カムコーダーならではの機能を搭載。HDMIに加えて3G-SDIに対応したほか、業務用マイクを使用するためのXLRハンドルユニットを搭載。さらに2つのSDメモリーカードスロットを搭載し、同時記録やバックアップ撮影、リレー録画機能にも対応している。そのほか、ガンマカーブ、ブラックレベル、発色などのパラメーターを調整し、カメラプロファイルとして記録するピクチャープロファイル機能も搭載している。

【問い合わせ先】
ソニービジネスソリューション(株)
業務用商品相談窓口
TEL/0120-788-333(フリーダイヤル)

新着記事を見る
  • ジャンルメモリームービー
  • ブランドSONY
  • 型番PXW-X70
  • 発売日¥280,000(税抜)
  • 価格2014年9月19日
【SPEC】●撮影素子:1.0型(13.2×8.8mm)“Exmor R”CMOSイメージセンサー 総画素数 約2090万画素 ●有効画素数:約1420万画素 ●ズーム:光学12倍 ●記録媒体:メモリースティックPROデュオ、SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:130.3W×180.9H×287Dmm(突起部、レンズフード、大型アイカップ、バッテリー(NP-FV70)、XLRハンドルユニット含む) ●質量:約945g(本体のみ)

関連記事