新ライブビューリモコンや各種アクセサリーも

ソニー、従来比約30%の小型軽量化を実現した小型カメラ“アクションカム ミニ”

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月07日
ソニーは、ウェアラブルで使用する小型ビデオカメラ“アクションカム”の新モデルとして、さらなる小型軽量化を実現した“アクションカム ミニ”「HDR-AZ1」を10月24日より発売する。腕時計のように装着して使用するワイヤレスリモコン“ライブビューリモコン”「RM-LVR2」とのセットと単品販売を用意しており、それぞれ価格は下記の通り。

HDR-AZ1VR(ライブビューリモコンキット)¥OPEN(予想実売価格円41,000円前後)
HDR-AZ1(本体単品)¥OPEN(予想実売価格円31,500円前後)
※ライブビューリモコンの単品販売なし

HDR-AZ1VR

HDR-AZ1

約24.2W×約36.0H×約74.0Dmm、約63g(バッテリー装着時)という小型軽量なボディを実現。現行機「HDR-AS100V」と比べ、約30%減の小型・軽量化を実現させた。

AS100Vとのサイズ比較

三脚用アクセサリーを取り外したところ

これにより装着性を高めるとともに、従来よりも目立たせずに製品を使用できるようになったとしており、帽子に取り付けられるクリップヘッドマウントキット「BLT-CHM1」(3,500円/税抜)や、リュックサックなどの肩ベルト部に取り付けるバックパックマウント「VCT-BPM1」(4,000円/税抜)などのアクセサリーも用意している。

クリップヘッドマウントキット「BLT-CHM1」

バックパックマウント「VCT-BPM1」

本体はIPX4相当の防滴仕様で、雨の日や水しぶきのかかるアクティビティでも本体のみで使用可能。また、防水性能などを向上させるウォータープルーフケースなども付属する。

ウォータープルーフケースを使用したところ

撮像素子には1/2.3型 Exmor R CMOSセンサーを採用し、有効画素数は約1,190万画素。画角は約170度(手ブレ補正オフ時)/約120度(手ブレ補正オン時)。

本体上部

側面のようす

動画記録はXAVC SとMP4を選択でき、XAVC Sは60p/40p/24p(すべて50Mbps)に対応。MP4はフルHD/60p(28Mbps)などのほか、1,280x720/120pでのハイフレームレート撮影にも対応している。

従来機でカメラ本体に搭載していたGPS機能を新ライブビューリモコンに搭載したことにより小型・軽量化を実現。また、バッテリーも小型な「Yバッテリー」を今回のために新開発して採用した。連続撮影時間は最大約1時間20分。なお、モバイルバッテリーを接続して給電することも可能で、そうした際に使いやすいよう配慮してUSB端子の位置を従来から変更するなどもしている。

より小型なYバッテリーを新規に開発

端子部

機能面では電子式手ブレ補正も搭載。従来機「HDR-AS30V」比で補正能力を約2.5倍に向上させた。そのほか静止画撮影では最大10枚の高速連写や、最大10枚を1ファイルにまとめて連続写真のように表示する「モーションショットLE」などの機能も備えている。

そのほか、撮影した映像をUstreamにライブ配信できるライブストリーミング機能も搭載。映像のライブ配信スタート時にあらかじめ設定したSNSへ配信開始のメッセージを送信できるほか、視聴者の有無の確認や、配信した映像をメモリーカードに記録することも可能。

ライブビューリモコン「RM-LVR2」は最大5台までのカメラを同時操作したり、画角確認が可能。複数の場所にカメラを設置して多様な視点の映像を同時に撮影するなどといった使い方ができる。なお本リモコンも3m防水に対応している。

RM-LVR2

なお、GPS機能などを利用しないのであれば、アプリ「PlayMemories Mobile」をインストールしたスマートフォン/タブレットでも各種操作が可能。Wi-Fi接続で本機の画角確認や録画操作ができる。また、アプリは新たにアップデートによってカメラ内コンテンツの再生・削除や、詳細の設定変更も行えるようになった。

また、単品販売も行っている従来モデルのライブビューリモコン「RM-LVR1」でも一部機能の操作は可能。新機能であるカメラ全設定変更やカメラ内ファイル再生/削除は行えないが、撮影のスタート/ストップ、画角確認、基本設定変更といった基本的な操作に対応している。

なお、本機の発売後の従来機は「AS30V」のみ販売を終了し、「AS100V」は販売を継続。AS100Vをスタンダードモデル、今回の新モデルを小型軽量モデルとしてそれぞれ展開していく。

そのほか、新たなPC用編集ソフトAction Cam Movie Creator(アクションカム ムービークリエイター)をWindows/Mac用に提供。GPS搭載ライブビューリモコンによりファイルに記録された位置情報を読み込み、撮影した軌跡やスピードメーターを動画に表示する「ルート・速度表示」、最大4つの動画を組み合わせて1つの動画ファイルを生成できる「マルチビュー」、ハイスピード録画で記録した動画のスロー編集などの機能を利用できる。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドSONY
  • 型番HDR-AZ1VR
  • 発売日2014年10月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格円41,000円前後)
【SPEC】<HDR-AZ1>●撮影素子:1/2.3型Exmor R CMOSセンサー 総画素数1,680万画素 ●有効画素数:約1,190万画素 ●記録メディア:マイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード、メモリースティックマイクロ ●消費電力:約1.7W ●連続撮影時間:約1時間20分(満充電時) ●充電時間:約2時間25分 ●外形寸法:約24.2W×36H×74Dmm <RM-LVR2V>●連続駆動時間:約4時間(ライブビュー時) ●充電時間:約4時間5分(PC経由) ●外形寸法:72.3W×50.2H×20.8Dmm ●質量:約98g(ベースプレート、ベルト含む)
  • ジャンルSDカードムービー
  • ブランドSONY
  • 型番HDR-AZ1
  • 発売日2014年10月24日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格円31,500円前後)
【SPEC】●撮影素子:1/2.3型Exmor R CMOSセンサー 総画素数1,680万画素 ●有効画素数:約1,190万画素 ●記録メディア:マイクロSD/SDHC/SDXCメモリーカード、メモリースティックマイクロ ●消費電力:約1.7W ●連続撮影時間:約1時間20分(満充電時) ●充電時間:約2時間25分 ●外形寸法:約24.2W×36H×74Dmm

関連記事