ソニー、家庭用4Kテレビの開発を表明

ファイル・ウェブ編集部
2012年04月05日
ソニーは、本日行われた業務用放送機器の発表会で、家庭用の4Kテレビの開発を進めていることを表明した。同社執行役EVPの根本章二氏が明らかにした。

同社ではこれまでも業績説明会などで、記者から質問があった場合は、4Kテレビや有機ELテレビなど、次世代テレビの開発を進めていると述べてきた。今回の表明は、その姿勢をより明確に打ち出したものと言える。

開発中の4Kテレビの画面サイズや発売時期などは、現段階では明らかにされていない。

なお4Kテレビは、すでに東芝が昨年から「55X3」を発売している。

関連リンク

関連記事