PS3用ソフト

ソニー、4K写真をネイティブ表示可能な「PlayMemories 4K edition」をVPL-VW1000ES購入者に無償提供

ファイル・ウェブ編集部
2012年03月16日
ソニーは、デジタルカメラで撮影した4K解像度写真などをネイティブ再生できるようにするPlayStation 3専用フォトビューワーソフト「PlayMemories 4K edition」を、プロジェクター「VPL-VW1000ES」購入者に向けて無料提供する。

ソフトのトップ画面

期間限定のキャンペーンで、応募期間は3月23日から3月31日まで。同社サイトから製品登録をした上で、締め切り日までにキャンペーン応募手続きを行ったユーザーへ、本ソフトがPlayStation Storeからダウンロードできるプロダクトコードが連絡される。なお、製品登録にはMy Sony Clubへの入会(無料)が必要。また、すでに製品登録済みのユーザーに対しても登録アドレスへのメールで告知を行う。

VPL-VW1000ESとPS3を接続することで、4K写真を大画面で楽しめるようにするソフト。現在提供中の通常版「PlayMemories」では最高でフルHDまでの対応だったが、本ソフトでは解像度3840×2160の2D写真転送にも対応した。

なお、本ソフトを使用するには「PS3システムソフトウェア バージョン3.70以上」「PS3のHDDに300MB以上の空き容量」「ハイスピード規格に対応したHDMIケーブル」およびVPL-VW1000ES本体という環境が必要。

PS3のUSB端子経由でPS3内に取り込んだ4K写真を、12分割してVPL-VW1000ESに伝送。その後に再結合して4Kネイティブでの映像投写を行う。

4K写真再生のイメージ

なお、12分割伝送にはVPL-VW1000ESしか対応していないため、そのほかの映像機器で4K対応であっても画像は正しく表示されない(12分割のうち1枚が順番に表示される)。

4K解像度で写真を見るには、「設定」>「ビデオ出力」から「4K Photo」を選択。その後、写真を選択中にPS3コントローラーの□ボタンを押すと4K解像度で写真表示を行う旨のガイドメッセージがあらわれ、さらに□ボタンを押すことで実際に4K解像度での再生が始まる。十字キーの左右で写真送りを行うこともできる。

設定メニュー画面

ガイドメッセージ


そのほかExif情報なども確認可能

関連リンク

関連記事