複数フレームによる第6世代超解像技術を採用

【更新】東芝、新開発「レグザエンジン CEVO」搭載の“REGZA”「Z2」シリーズを発表

ファイル・ウェブ編集部

前のページ 1 2 3 次のページ

2011年03月02日

録画機能はさらに使いやすく/Regza Apps Connectにも対応

本体には地上デジタルチューナーを3基搭載しており、ひとつのチューナーで自由に選局して地デジ番組を見ながら、残りの2つのチューナーで時間帯の重なる地デジ放送を“W録”できる「地デジ見ながらW録」機能が本シリーズでも利用できる。なお、BS・110度CSデジタルチューナーは2基搭載で、地上アナログチューナーは非搭載となる。


録画は外付USB-HDDに行え、4台までの同時接続と8台までの登録が可能だ。リモコンの「録画」ボタンを押せばすぐに視聴中の番組を録画できるが、Z2シリーズではさらに、録画中の番組が終わると自動的に録画を終了させられるようになった。録画時のオートチャプター機能は、2番組まで同時にチャプターを打つ「Wマジックチャプター」を搭載している。

またCELLレグザ「X2/XE2」シリーズに搭載されていた「おすすめサービス」機能がZ2シリーズにも広がった。東芝製品からインターネット経由で集計された「地デジ・BS録画ランキング」、i.NETサーバーがピックアップしたおすすめ番組の「特集」など、ユーザーの録画状況からおすすめの番組情報が一覧表示でき、気になる番組がより見つけやすくなる。「地デジ・BS録画ランキング」については番組をジャンル別に一覧表示することもでき、「音楽」「バラエティ」など、地デジは全15種類、BSは全12ジャンルの分類タグが利用可能だ。

CELLレグザ「X2/XE2」シリーズに搭載された「おすすめサービス」の機能を採用。東芝製品のユーザーどうしでテレビ番組の人気録画ランキングがシェアできる

「特集」メニューにはオススメ番組やお知らせ情報などが掲載される

「レグザ番組表・ファイン」には、「おすすめサービス」との連動機能が採用された。人気番組にはタイトルに“王冠”のアイコンが表示される。ランキング上位の番組はリアルタイムに番組表へ反映される仕組みとなっている。さらに番組表自体の起動時間も高速化され、スタンバイ状態からリモコンで起動する時間はZ1シリーズの約1.8秒に対して、Z2シリーズでは約0.3秒となった。動作レスポンスもより速くなり、番組表のタテ・ヨコページースクロール時の全画面書き換えに要する時間は、Z1シリーズの約1.5秒から、Z2シリーズでは約0.3秒に短縮された。


「レグザ番組表・ファイン」は「おすすめサービス」と連動しており、人気の番組にはタイトルに“王冠”のアイコンが表示される

ネットワーク系の機能では、DLNAのデジタルメディアプレーヤー(DMP)のデバイスクラスに対応しており、DLNA(DTCP-IP)対応のレコーダーに録画した番組、LAN-HDDなどメディアサーバーに保存した番組をテレビ側からコントロールして視聴できる。

本機にデジタルメディアサーバー(DMS)機能は搭載されていないが、本機の外付USB-HDDに録画した番組をDTCP-IP対応サーバーにダビングすれば、他のDLNA対応テレビなどから再生することが可能になる。

そのほか、テレビで録画した番組をレコーダー/PCへLAN経由でBDディスクに残せる「レグザリンク・ダビング」機能も装備。REGZAブルーレイで本機能に対応する「RD-X10/BZ800/BZ700/BR600」では、レコーダーの内蔵HDDにダビングした後、自動的にBD/DVDにダビングする機能も設けられている。また「レグザリンク・ダビング」は対応する東芝のノートPCでも利用でき、PC側にインストールされた専用アプリケーションを使ってBDに残したり、MPEG-4のファイルに自動でトランスコードしてSDメモリーカードに保存することもできる(関連ページ)。

またZ2シリーズでは通常のLANケーブルを使ったダビングのほか、HDMIイーサネットチャンネル(HEC)機能により、HEC対応HDMIケーブルで接続したREGZAブルーレイにテレビの録画コンテンツをダビングすることも可能だ。なお、テレビで録画したコンテンツに付加したチャプター情報はダビング時に対応するレコーダー側へ継承できる。

テレビを家庭内LANネットワークに接続した環境では、スカパー!HDチューナーからREGZAブルーレイに録画した番組をテレビから呼び出して再生できる。「Compatible with Windows7」認証を取得しており、OSの「Play To」機能によりPCのHDDに保存した映像や音楽をLAN経由でREGZAに表示して、コンテンツの再生・停止操作などをPCから行える。テレビからWindows 7搭載PCを起動する「Wake on LAN」機能も対応している。IPTV機能は、YouTube/Yahoo! JAPAN/アクトビラ ビデオ・フル/ひかりTVのサービスに対応する。


メニュー画面も一新。「レグザエンジン CEVO」の高度な処理能力により、3Dライクな奥行き感のあるUI「レグザメニュー」が加わった。テレビの映像を表示しながら、「レグザメニュー」のアイコンを透過表示できる。第1階層に配置されたブロードバンド/(録画番組を)見る/録る/メディアプレーヤー/入力切り替えなどから、それぞれの第2階層に掘り下げながら直感的にテレビが搭載する各機能へ素早くアクセスできる。

Z2シリーズのリモコン

中央に配置された「レグザメニューボタン」


透明表示に対応したレグザメニュー
さらにこれまでREGZAシリーズのテレビではCELLレグザ「X2/XE2」シリーズのみが対応していた“Regza Apps Connect”(関連ニュース)アプリがZ2シリーズでも利用可能になった。またApps ConnectのAndroid/Windows7 PC対応を5月に向けて予定していることや、「RZ現在番組」「RZ見るナビ」「RZアートリモコン」など新しいアプリの開発についても発表された(関連ニュース)。なお「RZタグラー」の仕様については、“REGZAブルーレイ”が対応している「チャプター自動取込」機能には、Z2シリーズは対応していない。


そのほかメディアプレーヤー機能では、SDメモリーカードに記録されたAVCHDハイビジョン動画の再生に対応。また、REGZA Phoneに保存した静止画写真を、ホームネットワーク経由でZ2シリーズにつないで表示する連携機能も備えている。さらに、ひとつの画面にデジタル放送の2番組を同時に表示したり、インターネットとの2画面表示にも対応した「ダブルウインドウ2」「ネットダブルウインドウ」機能も搭載している。

47Z2の側面端子部

スピーカーはベゼル前面・底部に内蔵されており、6.5cm径/2.0cm厚のフルレンジスピーカー4基と、47/42V型はそれに加えて6cm径のサブウーファー1基を搭載。実用最大出力は10W×2、47/42V型はサブウーファーの10Wがプラスされる。リアルサウンドラボ社のイコライザー「CONEQ」の256バンド型を搭載する。

アルミダイキャスト製の三日月形スタンドを採用

ベゼルの下部にスピーカーを内蔵する

本体デザインはアルミダイキャスト製の三日月の形状をしたスタンドを採用した。47Z2はパネルの奥行きサイズが29mmと薄型化されており、Z2シリーズ全モデルがファンレス設計を実現している。またシリーズ全モデルがパネル部に帯電防止素材を用いてホコリの付着を防ぐ「ホコリクリア」に対応している。

42Z2を側面から見たところ。パネル奥行きサイズの薄型化を実現している

42Z2の背面

47Z2は116kWh/年の年間消費電力量を達成。他サイズのモデルを含めて、優れた省エネ性能を実現している。


(株)東芝 本村裕史氏
本日同社が開催したZ2シリーズの新製品説明会には(株)東芝 ビジュアルプロダクツ社 映像第一事業部 TVマーケティング部の本村裕史氏が登壇した。本村氏はこれからの「レグザエンジン CEVO」の展開について、「REGZAのフラグシップモデルを中心に、メインの映像エンジンとして展開していく」と宣言。今回のZ2シリーズについては「2Dモデルだが、いまのレグザが備える魅力的な機能を詰め込んだ、最もアピールできるモデルだと自負している。本シリーズを皮切りに、今後は3D対応の新製品も検討していきたい」と述べた。

【問い合わせ先】
東芝 テレビご相談センター
TEL/0120-97-9674

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番47Z2
  • 発売日2011年3月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格320,000円前後)
【SPEC】●サイズ:47V型 ●映像処理システム:レグザエンジンCEVO ●パネル:IPS方式フルHDクリアLEDパネル ●解像度:1920×1080 ●コントラスト比:1,600対1(ダイナミックコントラスト:2,000,000対1) ●チューナー:地上デジタル×3、BS・110度CSデジタル×2 ●入出力端子:HDMI入力×4、D5入力×1、ビデオ入力×2、HDMIアナログ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン、アナログ音声出力、USB×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット ほか ●消費電力:168W ●年間消費電力量:116kWh/年 ●外形寸法:1127W×756H×254Dmm(スタンド含む) ●質量:21.0kg
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番42Z2
  • 発売日2011年3月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格250,000円前後)
【SPEC】●サイズ:42V型 ●映像処理システム:レグザエンジンCEVO ●パネル:IPS方式フルHDクリアLEDパネル ●解像度:1920×1080 ●コントラスト比:1,600対1(ダイナミックコントラスト:2,000,000対1) ●チューナー:地上デジタル×3、BS・110度CSデジタル×2 ●入出力端子:HDMI入力×4、D5入力×1、ビデオ入力×2、HDMIアナログ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン、アナログ音声出力、USB×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット ほか ●消費電力:160W ●年間消費電力量:113kWh/年 ●外形寸法:1017W×694H×254Dmm(スタンド含む) ●質量:16.0kg
  • ジャンル液晶テレビ(ディスプレイ)
  • ブランドTOSHIBA
  • 型番37Z2
  • 発売日2011年3月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格200,000円前後)
【SPEC】●サイズ:37V型 ●映像処理システム:レグザエンジンCEVO ●パネル:IPS方式フルHDクリアLEDパネル ●解像度:1920×1080 ●コントラスト比:1,600対1(ダイナミックコントラスト:2,000,000対1) ●チューナー:地上デジタル×3、BS・110度CSデジタル×2 ●入出力端子:HDMI入力×4、D5入力×1、ビデオ入力×2、HDMIアナログ音声入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン、アナログ音声出力、USB×1、LAN×1、SDメモリーカードスロット ほか ●消費電力:140W ●年間消費電力量:93kWh/年 ●外形寸法:905W×628H×208Dmm(スタンド含む) ●質量:12.5kg

関連記事