「メイド・イン・シャープ」の優位性を全世界にアピール

<IFA2010>シャープ プレスカンファレンス - 3D AQUOSの欧州投入や欧州サッカー選手権の協賛を発表

AVレビュー編集部・西山 巨

前のページ 1 2 次のページ

2010年09月03日

■「UEFA EURO 2012」などに「トップパートナー」として協賛

プレスカンファレンスでは、欧州サッカー協会連盟(UEFA)が主催するUEFA欧州サッカー選手権「UEFA EURO 2012」などに、「トップパートナー」として同社が協賛する契約を8月31日に締結したことも発表された。

大会で使用されるトロフィーを中心にカメラに各人が収まる。写真右から2人目が佐々岡氏。中央がSharp Electronics Germany/Austria社長のフランク・ボルテン(Frank Bolten)氏。写真左がデビット・テイラー氏

UEFA欧州サッカー選手権は、4年に1度開催される欧州の各国代表チームによるサッカー選手権。本年8月11日から2012年7月1日にかけて、欧州各地で予選が、そしてポーランド・ウクライナで本戦がそれぞれ繰り広げられる。

大会開催中には、全会場にシャープの企業名ボードを設置。さらに、液晶テレビAQUOSをはじめとするAV商品や、ソーラー関連商品の企業広告・製品広告における大会ロゴの使用、そして大会公式ホームページでのバナー広告掲載などのマーケティング活動を展開する。

また、同大会のほかに、UEFAが主催する「UEFA European Under-21 Championship 2011 & 2013」、「UEFA European Women’s Championship 2013」、「UEFA European Futsal Championship 2012」に関しても同様の契約を結び、これら全大会が繰り広げられる2013年いっぱいまで協賛することを発表した。

発表会会場には、UEFAのイベント関連を取り仕切る責任者デビット・テイラー氏もかけつけ、シャープが「トップパートナー」に選ばれた理由や、UEFA幹部とシャープ担当者との交渉経緯等をスライド形式で説明。サッカー界の重鎮、ミシェル・プラティニ氏らのコメントも披露した。これを受けて、佐々岡氏は「とてもエキサイティングしている。トップパートナーの名に恥じない役割を果たしたい」と会場でコメントした。

両者のロゴ

UEFAとシャープとの強い絆をスライドで会場出席者にアピール

前のページ 1 2 次のページ

関連記事