【CES】シャープ、70インチ液晶テレビを強力アピール − 「GALAPAGOS」も全米デビュー

ファイル・ウェブ編集部・風間雄介
2011年01月07日
シャープのブースでは、米国時間の5日に開催されたプレスカンファレンスで発表された、70インチ級(69.5インチ)の“AQUOS クアトロン”をアピールしている。

LE935シリーズ。左が70インチ級モデル

ブース正面の目立つ場所に置かれているのは、“AQUOS クアトロン 3D”LE935シリーズ。70インチと60インチの2サイズで展開し、240Hz駆動に対応。3D表示も行える。展示では70インチモデルの背後に60インチモデルを並べ、遠近感も活用して70インチの大きさを強調する演出を行っていた。

なお、同社が昨日のカンファレンスで発表したのは“AQUOS クアトロン”「LC-70LE732U」。3Dには非対応で、120Hz表示。LE935シリーズとは別のものだ。

そのほかAQUOSの新モデルでは、3Dに対応した「LE835」シリーズを展示。60/52/46/40V型のモデルが用意され、エッジ型バックライトを採用している。また3D非対応の「LE830」シリーズも新たにラインナップに加わる。サイズ展開はLE835と同様。ブースでは、これら2シリーズについても実際の映像を確かめることができた。

AQUOSはLE835/830シリーズも展示

LE935/LE835など新シリーズはネットワーク対応も強化。CinemaNowやNetflix、VuduなどのVODサービスに対応しているほか、DLNAやプレミアムネットサービス「AQUOS Advantege Live」も利用可能。さらにIPコントロールにも対応しており、ブース内ではControl 4の機器でAQUOSを操作する展示も行われていた。

AQUOSのIPコントロール機能も訴求

テレビのネット機能ではNetflix対応をアピール

スマートフォン関連では、二眼カメラを備えた3D撮影対応の試作機でモデルを撮影。その模様をAQUOSで表示するという連携デモを行っていた。

3D撮影対応スマートフォンで撮影した映像をAQUOS クアトロン 3Dで表示するデモ。日本のCEATECでも見かけた

■VOD対応BDプレーヤーを出展

BDプレーヤーでは「BD-HP75U」「BD-HP35U」「BD-HP25U」などを展示。Blu-ray 3Dだけでなく、NetflixやPANDORA、YouTubeなどのネット動画サービスがプレーヤー単体で利用できる。

BDプレーヤー「BD-HP75U」

BDプレーヤーのネット動画機能をアピール

同社製品に限らず、最新のBDプレーヤーは多くの機種がVOD対応となっており、「付加機能というより、無ければいけない機能になっている」(同社説明員)という。

また、日本ではBDレコーダー「BD-HP90」として販売されているモデルとほぼ外観が同一のプレーヤー「BD-HP90U」なども紹介されていた。このモデルはすでに販売を行っている。

アメリカではプレーヤー仕様。「BD-HP90U」

■GALAPAGOSが全米デビュー

今回米国で初披露となったメディアタブレット「GALAPAGOS」。日本と同様、5.5インチと10.8インチの2モデルが2011年に米国でも発売される。

GALAPAGOSの10.8型モデル

同じく5.5型のモバイルモデル

ブース内ではGALAPAGOSの端末だけでなく、電子書籍サービスについても紹介。同社独自のフォーマット「XMDF」の優位性などを訴えていた。

GALAPAGOSや電子書籍サービスのコンセプトを紹介するデモには多くの来場者が詰めかけていた

■3D対応プロジェクターも展示

そのほか、カンファレンスで紹介していた3D対応のDLPプロジェクター「XV-Z17000」は、特設のシアタールームでその映像を披露。大画面3D映像の魅力をアピールしていた。

3D対応のDLPプロジェクター「XV-Z17000」

さらにブース内には、超狭額縁マルチディスプレイソリューション「I3 WALL」も展開。天井や床、壁がすべて映像という展示に来場者から驚きの声が上がっていた。

超狭額縁マルチディスプレイソリューション「I3 WALL」}ートフォンで撮影した映像をAQUOS クアトロン 3Dで表示するデモ。日本のCEATECでも見かけた

関連記事