オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
12月14日、15日にサウンドピットにて

オーディオ・ノート、フォノアンプ内蔵型プリアンプ「M7 Heritage」の試聴会を名古屋で開催

編集部:平山洸太
2019年12月06日
オーディオ・ノートは、フォノアンプ内蔵型プリアンプ「M7 Heritage」の試聴会を12月14日・15日に実施する。開催場所は名古屋・サウンドピット。

「M7 Heritage」

M7 Heritageは、フォノ回路を搭載する管球式のプリアンプ。1980年代後半に発売した「M7」の躍動的な音のイメージを維持しつつ、現在の技術でさらに磨き上げたモデルとしている。なお、国内での試聴イベントは初。

組み合わせる機材として、パワーアンプ「SOUGA」、アナログプレーヤー「GINGA」、MC昇圧トランス「SFz」、MCカートリッジ「IO」といった同社製品を使用。またスピーカーにはブロッドマン「JB175」を用いる。

「SOUGA」

「JB175」

参加予約は不要で、14日は13:00 - 20:00、15日は10:00 - 17:00の間であれば自由に試聴ができる。またアナログレコードがメイン音源の試聴会となっており、オーディオノートの徳田氏による解説も行われる予定だ。


オーディオノート M7 Heritage 新製品試聴会
開催日時:12月14日(土)13:00 - 20:00/12月15日(日)10:00 - 17:00
場所:サウンドピット 喫茶/ヴィンテージオーディオコーナー( 愛知県名古屋市名東区上社2-13 )
解説員:オーディオノート 徳田氏

関連記事