オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
fidataのソフトウェア技術を継承

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1TB SSD搭載の専門店向けモデルも

編集部:川田菜月
2018年01月24日
アイ・オー・データ機器は、2TB HDD搭載のエントリー向けネットワークオーディオサーバー「Soundgenic(HDL-RA2HF)」、1TB SSD搭載のオーディオ専門店向けモデル「RAHS-S1」を2月中旬より発売する。価格はオープンだが、HDL-RA2HFは35,000円前後、RAHS-S1は83,000円前後での実売が想定される。

「Soundgenic(HDL-RA2HF)」

Soundgenic(HDL-RA2HF)は、同社のオーディオブランド“fidata”で培われた機能・使い勝手などソフトウェア技術を継承して開発されたというエントリー向けNASで、人気のオーディオ用NAS「RockDisk for Audio」の後継機にあたる。RAHS-S1は1TB SSD搭載のオーディオ専門店向けモデルで、直販サイトおよびオーディオ専門店でのみ購入可能。

DLNA、UPnP AVに準拠した各ネットワークプレーヤーと組み合わせて利用可能。また、USB Audio Class 2.0対応のUSB-DACと組み合わせる事で、最大PCM 384kHz/32bit、DSD(DoP)11.2MHz対応のネットワークオーディオプレーヤーとしても使用できる。

同社独自のコントロールアプリ「fidata Music App」に対応。また、オーディオ用途で定評のあるOpenHomeもサポートしており、Open Home/DMRの2つのモードを備え、設定画面上で切り替えることで対応したアプリを利用できるとのこと。

本体のボタンを押すだけのシンプルな操作で、楽曲情報・アルバムアートの自動取得とAccurateRipによるビットパーフェクトリッピングが可能。CDトランスポート機能やハイレゾ自動ダウンロード機能なども備え、PCレスで音楽ファイル再生を楽しむことができるとのこと。

内部には従来比1.5倍となる1.2mm厚の板金を採用。剛性を高めて振動を抑制し、全体に効率よく熱を伝達することで静かな環境を実現するというファンレス設計を施している。また、底面のゴム足は半球状を用いて外部振動の軽減を図っている。外装はヘアライン加工を施したデザインを採用する。

メディアサーバーにはカスタマイズした「Twonky Server 8」を採用。細かくソートできるナビゲーションツリー機能や高解像度なアートワーク表示などを実現するとのこと。新たな楽曲が追加されると自動でUSBハードディスクへのバックアップする機能なども備える。

対応ファイル形式はwav/mp3/wma/m4a/m4b/ogg/flac/aac/mp2/ac3/mpa/aif/aiff/dff/dsf。USB端子は3.0、2.0×各1基装備する。外形寸法は168W×43H×134Dmm(突起部除く)、質量は約1.2kg。

関連記事