オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
全段直結DC回路構成を採用

ポーカロ・ライン、新ブランド「KEY Sound」を立ち上げ − 第一弾はコンデンサーレスのUSB-DAC

ファイル・ウェブ編集部
2011年07月08日
(株)ポーカロ・ラインは、オリジナルブランド「KEY Sound」を立ち上げる。第一弾モデルとして、コンパクトなUSB-DAC「UDA923BF」を7月25日に発売する。

KEY SoundのUSB-DAC「UDA923BF」

出力はステレオRCAのみ。端子の間隔が広いので太いケーブルもつなぎやすい

価格はオープンだが、43,000円前後での販売が予想される。

KEY Soundは、赤井電機などでハイファイオーディオ機器の開発設計に長く携わったエンジニア、長谷川邦弘氏が開発責任者を務める新ブランド。長年のノウハウや技術をコンパクトな筐体に盛り込んだ。

UDA923BFは、入力端子がUSB 1.1(type B)、出力端子がステレオRCAのみと、シンプルな構成のUSB-DAC。

DACチップにはバーブラウンの「PCM2704」を使用しており、対応サンプリングレートは48/44.1/32kHz、対応量子化ビット数は最大16bit。Windows/Mac標準のドライバーで駆動でき、ASIOドライバーも使用できる。また電源はUSBバスパワーを利用する。

最大の特徴は、内部にDC/DC±コンバーター(±12V)を搭載し、USB-DAC部から出力まで、全段直結のDC回路構成としたこと。これによりコンデンサーを撤廃することができ、コンデンサーの音に影響されない再生が可能になった。

本機の回路構成図

また出力段にはオペアンプのほか、トランジスタバッファー回路を搭載。これによりオペアンプ特有のノイズを排除し、解像感と分離、音の粒立ちを高めたという。

外形寸法は57W×18H×117Dmm(ピンジャック含む)、質量は120g。

なお当サイトでは、開発者である長谷川氏へのインタビュー記事を後日掲載する予定だ。

【問い合わせ先】
ポーカロ・ライン
TEL/03-5625-3505
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドKEY SOUND
  • 型番UDA923BF
  • 発売日2011年7月25日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格43,000円前後)
【SPEC】●入力端子:USB 1.1(type B) ●出力端子:ステレオRCA ●DACチップ:バーブラウン「PCM2704」 ●対応サンプリングレート:48/44.1/32kHz ●対応量子化ビット数:最大16bit ●外形寸法:57W×18H×117Dmm(ピンジャック含む) ●質量:120g

関連記事