オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
CES2009レポート

<B&W>同社初のフロントサラウンド「Panorama」と新XTシリーズを発表

Phile-web編集部・風間
2009年01月09日

サウスホールにブースを構えたB&W
ラスベガス・コンベンションセンターのSouth Hallにブースを構えるB&Wは、2つの新製品を展示していた。

■B&W初のフロントサラウンド「Panorama」登場


同社初のフロントサラウンドシステム「Panorama」
一つは同社初のフロントサラウンドシステム「Panorama」。薄型テレビの下に設置するスタイルの製品だ。合計9つのドライバーユニットを内蔵しており、センタースピーカー部は2基のウーファー、2基のミッドレンジ、1基のトゥイーターで構成される。なお、トゥイーター部にはNautilus Tubeテクノロジーが用いられている。そのほか、残り4基のドライバーユニットも用い、壁反射などを利用してサラウンドを実現する。同社の説明員によると、サラウンド再生だけでなく、ステレオ再生でも高音質を実現しているとのこと。


Panoramaのユニット構成

壁反射を利用してサラウンド再生を実現する
入力端子は光デジタル×2、同軸デジタル×1、2chアナログ入力×2。クラスDのパワーアンプを6基内蔵し、合計出力は175Wとなる。


筐体中央の操作/ディスプレイ部
北米や欧州では4月から販売を開始する。北米での価格は2,200ドルと、フロントサラウンドシステムとしては高価だ。なお本機の国内での販売は現在のところ予定されていない。

■スタイリッシュなスリムスピーカー「XTシリーズ」新モデルが発表


XTシリーズの新製品「XT8」

XT8のサランネットを取ったところ。ウーファーは2基装備
スタイリッシュなスリムスピーカー「XTシリーズ」の新モデルも発表された。トールボーイの「XT8」は3,500ドル/ペア。発売時期はまだ未定という。

このほかにブックシェルフの「XT2」とセンタースピーカーの「XTC」もラインナップされているとのことだが、残念ながら会場には展示されていなかった。XT2の価格は1,500ドル/ペア程度になるという。なお、このXTシリーズは日本でも販売が行われる見込みだ。

XTシリーズの特徴は美しさと軽さを併せ持つアルミ筐体を採用していること。もちろん音質面でも、アルミドームのノーチラス・チューブ・トゥイーター、ケブラーコーンのFSTミッドレンジを各1基、5インチのペーパーケブラーコーンを採用したウーファーを2基搭載するなど、同社がこれまで培った技術がふんだんに盛り込まれている。

新CMシリーズに続き、また注目製品を送り出すB&W。今後も同社の動向に注目したい。

ブースにはNautilusと800Dも展示


iPodドックを備えるラグビーボール型スピーカー「Zeppelin」

ZeppelinはiPodドックを外し、壁掛けしてテレビ用スピーカーとしても使用できるという

関連記事