DGP2021 SUMMERで「総合金賞」を受賞!

圧倒的な描写力を誇る大口径標準レンズ、ニコン「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」特別レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
山田久美夫

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2021年06月04日

デジタルイメージングの総合アワード「デジタルカメラグランプリ2021 SUMMER」(以下、DGP2021 SUMMER)において、ニコン「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」が、ミラーレス用交換レンズ部門の総合金賞、および部門金賞の2冠に輝いた。

本レンズは、ニコンのミラーレスカメラ「Zシリーズ」向けの交換レンズ「NIKKOR Z レンズ」に新たに加わった、最新のフルサイズ対応大口径標準レンズ。NIKKOR Z レンズの中でも、より高い基準をクリアした「S-Line」に属するレンズである。

■NIKKOR Z 50mm f/1.2 S


SPEC ●焦点距離:50mm ●絞り値:F/1.2-F/16 ●最短撮影距離:0.45m ●フィルター径:φ82mm ●外形寸法:約φ89.5mm×150mm ●質量:約1090g ●対応センサーサイズ:フルサイズ ●対応マウント:ニコンZ

ニコンは、Zシリーズおよび「ニコン Z マウントシステム」の立ち上げにあたり、システムの基盤であり、思想そのものといえるマウントを一新。レンズ設計の自由度を向上させ、光学性能をよりいっそう高めるため、大口径かつショートフランジバックを採用した「Zマウント」を新たに開発した。

そのZマウントを採用したレンズ群がNIKKOR Zレンズであり、システムの立ち上げから3年弱が経った現在、ラインアップはテレコンバーターまで含めて18本にまで増加。その中で“これぞNIKKOR Z レンズ!”といいたくなる代表的なレンズとして注目を集めているのが、昨年12月に登場した本レンズ、「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」である。


「NIKKOR Z 50mm f/1.2 S」のレンズ構成図。Zマウントの大口径かつショートフランジバックにより、光を無理に屈折させずにイメージセンサーに届けられる理想的なレンズ構成を実現している
NIKKOR Zレンズを代表する大口径標準レンズというと、本レンズよりも先に発売された「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を思い浮かべる方も多いだろう。

だが、このレンズは、一切の妥協を排して光学性能をとことん追求したNIKKOR Z レンズの最高峰ではあるが、マニュアルフォーカス専用であり、価格も高額かつ受注生産。いわばシリーズの“象徴”というべきレンズである。

一方、本レンズは、光学性能を追求しつつも、各社含めた同クラスレンズと比べて標準的な価格設定を実現、オートフォーカスにも対応と、いわゆる一般撮影向きの大口径標準レンズだ。

つまり、前述の「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」が技術の粋を結集させたNIKKOR Z レンズのフラッグシップであるのに対し、名実ともにNIKKOR Z レンズの代表格というべき存在が、本レンズだといえるだろう。

至高の立体感を堪能させる圧倒的な描写力

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事