ミラーレス、デジタル一眼の2部門を制覇!

デジタルカメラグランプリ「総合金賞」2冠の快挙。ニコン「Z 50」「D780」特別レビュー

山田久美夫

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2020年06月26日

デジタルイメージングの総合アワード「デジタルカメラグランプリ2020 SUMMER」(以下、DGP2020 SUMMER)において、ニコンの「Z 50」および「D780」が、総合金賞に選ばれた。具体的に言うと「Z 50」はミラーレス部門、「D780」はデジタル一眼部門の総合金賞となり、両部門の2冠は、アワード史上初の快挙である。

しかも「Z 50」は、前期に続き、2期連続となる総合金賞である。本アワードは半年毎の開催となるが、総合金賞の対象となるのは「部門金賞に選出されており、かつ発売1年以内のモデル」という規定がある。つまり、同一モデルは最大でも2度までしか総合金賞に選ばれない。「Z 50」はその点においても “2冠” を達成しているのである。



この両モデルはいうまでもなく、2017年に創立100周年を迎えたニコンの新製品である。ニコンは長年、カメラメーカーとして第一線のプロに酷使され、また、多くの写真家や写真愛好者に愛されてきたメーカーだ。両モデルは、その長年にわたる写真、そしてカメラへのノウハウをベースに開発されており、それをそれぞれ異なるベクトルで結実させた意欲的なモデルといえる。

正直にいって、この両モデルには、画期的な世界初の新機能が搭載されているわけではないし、スペック的にみても、飛び抜けたものを備えているわけではない。しかし、実際に使ってみると、実に心地よく写真を楽しめる、ハイレベルなバランスを備えたモデルに仕上がっている。それこそが、DGP2020 SUMMERでの “総合金賞2冠” に繋がっているわけだ。

今回、そんな快挙を達成した両モデルの魅力を、改めて紹介していこう。

肩肘張らず、等身大で写真を楽しめる「Z 50」

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事