DGP2021で「審査委員特別賞」「総合金賞」を受賞!

完成度の高さが際立つフルサイズ機、ニコン「Z 5」「D780」特別レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
山田久美夫

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2020年12月04日

デジタルイメージングの総合アワード「デジタルカメラグランプリ2021」(以下、DGP2021)において、ニコンの「Z 5」が審査員特別賞を受賞。さらに「D780」が、デジタル一眼部門の総合金賞に選ばれた。「D780」の総合金賞受賞は、前期に続き2期連続となる。


各カテゴリーでもっともおすすめできる製品に授与される「総合金賞」に対し、「Z 5」が受賞した「審査委員特別賞」は、審査会の場で、審査委員が様々な視点から総合的に検討し、全カテゴリーの中から合議により選出した製品。総合金賞と同等、もしくはそれ以上の意味合いを持つ賞である。

また、総合金賞は「部門金賞に選出されており、かつ発売1年以内のモデル」という規定があるため、同一モデルは最大でも2度までしか選出されない。そのため「D780」の2期連続受賞は、アワード史に残る快挙といっていいだろう。

そこで今回は、DGP2021で栄冠に輝いた両機の実力や魅力を、改めてご紹介していこう。

■中級機並みの性能を備えたスタンダード機「Z 5」


「Z 5」は、今年8月に発売されたニコンのミラーレス「Zシリーズ」の新モデルで、フルサイズ機のスタンダードモデルという位置付けのモデルだ。

端的にいって「いいカメラ」だ。数値的に突出した性能といった派手さはないものの、きわめてバランスがよく、カメラの善し悪しはスペック値だけではないと思わせてくれるモデルである。そのため、まずは実機に触れてみてほしい。

店頭に足を運ぶのも手だが、ニコンは月額制レンタルサービス「airClosetMall」(エアクロモール)に参加しており、本機もラインアップされているので、本サービスを利用してじっくりと試してみるのもおすすめだ。

また、コストパフォーマンスも抜群で、従来フルサイズミラーレスといえば、スタンダードクラスでも、ボディ単体で20万円台後半が相場。レンズキットだと30万円を優に超える製品がほとんどだった。しかし本機は、ボディ単体で実売18万円台、標準ズーム同梱のレンズキットでも実売20万円弱と、手頃と感じられる価格を実現している。(価格は記事執筆時点のもの)

もちろん、他社製品を含めた現行のフルサイズミラーレスの中には、本機と同価格帯のモデルは存在する。しかし本機はポテンシャルが違う。ボディ内手ブレ補正、視認性抜群の高精細EVF、SDカードダブルスロット、広いAFエリアと動物対応の瞳AF、防塵防滴性能など、ミドルクラス機並の性能を備えているのだ。

「心地よさ」を生み出す、上位機譲りの基本性能

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事