【PR】ヘッドホン端子を交換!画期的な新システム

評論家が「太鼓判でオススメできる」フラグシップDAP。Shanling「M8」をレビュー!

野村ケンジ

前のページ 1 2 次のページ

2020年11月20日


Shanlingの最新回路技術をとことん投入

音質に関しても、フラグシップならではのこだわり抜いたシステムが採用されている。まず音質の要となるDACには、AKM社製の最高峰モデル「AK4499EQ」をデュアルで搭載。768kHz/32bitまでのリニアPCM、22.4MHzまでのDSD音源のネイティブ再生に対応する。さらに、「AK4499EQ」ならではの高音質を活かすため、独自のI/V変換方式を採用している。

というのも、「AK4499EQ」は現在一般的なDACとは異なり電流出力型を採用しているため、DACから出力した後の回路にI/V変換のパートが必要となっている(その分オーディオメーカーの腕の見せ所ではあるのだが)。ShanlingではI/V変換のクオリティを重要視し、電圧回路設計の最適化やコンデンサ/抵抗などの構成パーツを繰り返し検討。「音のディティールを余すことなく描写し、連続性に優れたスムーズな音の表現」を実現したとアピールしている。

2基の「AK4499EQ」を搭載

さらに、特許を持つ第三世代のクロックサンプリングアルゴリズム「FPGAテクノロジー」やKDS低位相ノイズ水晶発振器、群遅延問題を解決するローパスフィルター「CPAF(Constant Phase in All Frequency)テクノロジー」、オペアンプのチョイスなど、回路や使用パーツを徹底的に吟味することで、フラグシップモデルに相応しい上質なサウンドが追求されている。

Android OSも独自の「AGLO(Android Global Loss-less Output)」技術を投入することで、SRCの制限や干渉を回避。さらに、Primeモードが用意されていて、こちらを利用すればシンプルなミュージックプレイヤーとして動作させることも可能となっている。

Android 7.1を採用。独自技術でSRCの制限や干渉を回避している

ヘッドホンも鳴らしきる駆動力の高さ。「M8」はShanling製DAPの完成形だ

肝心のサウンドをチェックしていこう。今回、final「A8000」、Shure「AONIC 5」という2つのイヤホンに加えて、密閉型ヘッドホンのオーディオテクニカ「ATH-WP900」でも試聴を行ってみた。

総じて、フォーカスのよいソリッドなイメージのサウンドキャラクターが特徴。特に低域のフォーカス感の高さは、近年の上級ポータブルプレーヤーのなかでも1、2を争う上質さを持ち合わせている。ドラムはとてもキレが良く、音階が明快に届いてくるベースの演奏と合わせて、とてもノリの良い、グルーブ感溢れる演奏を楽しませてくれる。

いっぽうで、歌声はハスキーにもウォーミーにもならず、ニュートラルな表現を持ち合わせていた。おかげで、ヴォーリストそれぞれの特徴が伝わりやすく、魅力的な歌声に聞こえる。音の自然さと聴き心地の良さが絶妙なバランスを保つ、見事なチューニングだ。

使用イメージ

イヤホン、ヘッドホンとの相性問題は、ほぼないといっていい。今回試聴に使った3製品はそれぞれにクセというか特徴的な部分を持っているが、どれもあっさりと、それぞれの良さがしっかりと感じられる音を奏でてくれた。

特にATH-WP900では、低域のフォーカス感に加えて量感もしっかりと確保され、メリハリ表現のよいパワフルなサウンドを楽しませてくれた。いっぽうで、女性ヴォーカルの高域にちょっとしたクセを感じるなど、ATH-WP900ならではの音色傾向があからさまになる部分もあったが、愛用のヘッドホンが特徴を最大限に発揮してくれるのは嬉しいかぎりだ。

こういった、ヘッドホンをしっかりと鳴らしきってくれる駆動力の高さは「M6」「M6 Pro」から変わらない、Shanling製ポータブルプレーヤーならではのアドバンテージだが、その完成形ともいえる良質さを「M8」は持ち合わせている。

今回試したATH-WP900はもちろんのこと、A8000もヘッドホン出力にそれなりの駆動力やバランスの良さを求める製品のため、Shanlingの最新フラグシップモデルとはいえ、その懐の深さに少々驚いたのは事実。ヘッドホンでのリスニングが多い人にも、太鼓判でオススメできる製品だ。

(提供:株式会社MUSIN)

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事