3.5mm/2.5mm/4.4mm出力を同時搭載

Astell&Kern、初の4.4mmバランス出力を搭載したパワフルDAP「KANN ALPHA」

編集部:成藤 正宣
2020年09月09日
アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernブランドから、DAP「KANN」シリーズの第3弾モデルとなる「KANN ALPHA」を10月16日より発売する。価格は149,980円(税込)。先行予約は9月18日より開始する。

「KANN ALPHA」

専用リアルレザーケース「KANN ALPHA Case」も本体と同日の10月16日より発売する。カラーバリエーションはブラック/ゴールデンブラウンの2色で、価格は13,980円(税込)。なお、ゴールデンブラウンは直販サイト「アキハバラe市場」限定販売となる。

専用レザーケースも本体と同日に発売。ゴールデンブラウン(右)のみ直販限定となる

Astell&KernブランドのDAPの中でも、特に高出力/低ノイズの両立をコンセプトとして開発されているKANNシリーズ。その第3弾となる本製品では「ポータブルオーディオプレーヤーであることの本質」をこれまで以上に追求し、パワーとクラス最高峰のオーディオパフォーマンス、そしてポータビリティーを両立したという。

出力端子として、Astell&Kernブランドとしては初めての4.4mmバランス端子(日本ディックス社 Pentaconnコネクター)を搭載。また同時に2.5mmバランス、光デジタル出力兼用の3.5mmヘッドホン出力も備える。各端子はマイクロリレーによって物理的に完全に分離され、互いのノイズ干渉を排除した「Noise-free Output」設計となっている。

ブランド初搭載となる4.4mmバランス端子に、2.5mmバランス端子/3.5mmアンバランス端子を加えた3系統のヘッドホン出力を搭載する。各端子はしっかりと分離され、ノイズ対策も十分

筐体サイズはシリーズ第1弾モデル「KANN」とほぼ同等ながら、第2弾モデル「KANN CUBE」と同等の出力を実現している。出力ゲインもKANN CUBEと同じくHigh/Mid/Lowの3段階に切り替えられ、Highゲインではバランス12Vrms/アンバランス6Vrms、Midゲインではバランス8Vrms/アンバランス4Vrms、Lowゲインではバランス4Vrms/アンバランス2Vrmsの出力が可能となっている。

このコンパクト/高出力の両立は、抵抗やコンデンサー等多数のパーツの小型化や、様々なコンポーネントの配置および回路の最適化によって実現。左右チャンネル間の信号漏洩も低減し、左右の分離が改善した。

電源回路も松尾電機産業(株)との共同開発による専用超小型タンタルコンデンサーを投入して再設計。効率よく安定した電源供給に加え、最長約14時間の連続再生も実現している。

DACチップにはESS「ES9068AS」を2基搭載し、PCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzまでの再生をサポート。MQAレンダラーも内蔵するためMQAファイル/MQA-CDの再生にも対応している(MQA-CDの再生には別売りアクセサリー「AK CD-RIPPER」が必要)。またES9068ASには3種類のデジタルフィルターも用意されており、設定から切り替えることで音色の微調整も行える。

DACチップはESS「ES9068AS」をデュアルで搭載

ユーザーインターフェースは従来モデル「SR25」等と同じくAndroid 9.0をベースにしたカスタムOSを採用。Open APP機能を用いた音楽ストリーミングアプリのインストールやアプリアップデートをはじめ、ネットワーク再生機能「AK Connect」、動画ストリーミング機能「V-Link」、EQシェアリング、車内での使用に適した画面レイアウトに切り替えるカーモードといった機能をサポートする。

右側面にボリュームノブ、左側面に再生操作ボタンを配置。底面にmicroSDスロット、USB Type-Cを備える

その他の仕様として、64GBの内蔵ストレージに加え最大1TBまで対応のmicroSDスロットを1基搭載。BluetoothはLDAC/aptX HD/aptX/AAC/SBCの再生に対応する。外形寸法は約68W×117H×25Dmm、質量は約316g。

背面はヘアライン仕上げとなっている

「KANN ALPHA」サウンドチェック。キレのよさと骨太のベースが印象的

アユートからお借りしたファームウェアバージョン“0.02”のサンプル機に、3.5mm/2.5mm/4.4mm ひと通りのケーブルが付属していて聴き比べに便利なイヤホンAr:tio「RK01」を組み合わせ、ざっと音をチェックしてみた。

サンプル機でKANN ALPHAのサウンドを一足先に体験

アンバランス接続で聴き始めると、まずキレのある音の立ち上がりが、ついで骨太なベースラインの押しの強さが耳に飛び込む。特にベースラインの硬さと強さは、これまでのAstell&Kernでは聞き覚えがない。組み合わせたRK01もシャープな音色のイヤホンだが、それを差し引いても結構メリハリが付いているという感触だ。

パワフルさが感じられる一方、バックグラウンドノイズが気にならないという長所もある。平均的な感度のイヤホンで聴く限りでは、ボーカルの息遣いなど細かな表現も、サーッというノイズに邪魔されることなく拾うことができるはずだ。

待ちかねていた人も多いであろう4.4mmバランス接続では、音の広がりが上方向にもおよんで立体的になり、アンバランスで聴くよりも余裕が感じられる。リバーブが強めにかかった曲を再生してみると、残響感が一層強調されある意味リッチな聴こえ方をするので面白い。

2.5mmバランス接続も同じかというとそうでもなく、ベースの押し出しや高域のエッジが少し和らいでいるように思えた。他の接続でメリハリが効きすぎかな、と感じたら、2.5mmでつなぎ直すと印象が変わるかも知れない。

重さも厚みもある大型DAPだが、手が大きくなくとも意外と無理なく保持できる

これまでのKANNシリーズゆずりの高出力アンプに、4.4mmバランスを含む3種類の出力端子という利便性が加わったKANN ALPHA。キレの良さとベースの骨太さが印象的な音作りも含め、DAPに興味深い選択肢が加わったと言えるのではないだろうか。

関連記事