バッテリー交換は受付を継続

Astell&Kern、「AK380」メイン基板と「AK380 AMP」の修理対応を終了

編集部:成藤 正宣
2020年10月14日
アユートは、同社が取り扱うAstel&Kernブランド一部旧製品の修理サービスについて、DAP「AK380」のメイン基板の修理対応を2020年10月13日をもって終了したことを発表した。また、AK380専用のアンプユニット「AK380 AMP」の修理対応も合わせて終了する。

「AK380」のメイン基板と「AK380 AMP」の修理対応が終了

いずれもメーカーで一部修理用部品の確保が困難になったことが理由となる。なお、両製品ともバッテリー交換については引き続き対応可能とのこと。また、これまでに修理サービスを終了した製品についてはこちらのページにて確認できる。

AK380は、Astell&KernブランドDAPの“第3世代”フラグシップモデルとして2015年に発売。「プロフェッショナルモデルへの進化」をコンセプトに従来モデルからのさらなるブラッシュアップをはかり、旭化成エレクトロニクスのDACチップ「AK4490」のデュアル搭載、PCM 384kHz/32bitとDSD 5.6MHzネイティブ再生のサポート、リモートコントロール機能「AK Connect」への対応等が行われた。また、本体と一体化するようにデザインされた専用設計のアンプ「AK380 AMP」も話題となった。

関連記事