連続企画第二弾

映像調整でここまで変わる! BenQの4K DLPプロジェクター「HT8050」でUHD BDの真価を引き出す

鴻池賢三

前のページ 1 2 次のページ

2017年09月22日
本シリーズ記事では、BenQの「ホームシアタープロジェクター」シリーズを取り上げ、モデルごとの画の特性を確認。話題のBD作品を用い、「A. プロジェクターの特性を活かし、よりナチュラルな映像美を発揮させる調整」と「B. 作品の個性を理解しつつ、筆者の主観込みでよりヴィヴィドに楽しむための調整」を探って紹介してゆく。

前回の第1回目は、LED光源を採用したフラグシップモデル「HT9050」を検証(関連記事)。第2回目は、4K対応でTHX認証も受けたハイエンドモデル「HT8050」を取り上げる。

「HT8050」

HT8050の特徴

本機はTHX HD認証を受けた4Kプロジェクター。詳細は別途レビュー記事を参照頂きたいが、830万画素相当の解像度を実現し、DLPタイプならではのキレの良い描写力は特筆に値する。

THX認証の通り、色域はBT.709に準拠し、正確な色再現も特徴。HDTV制作基準に忠実な表示を狙ったリファレンス志向で、マニアやプロスタジオにも向く1台だ。映像を追い込む方向としては、やはり、制作基準を最優先し、ナチュラルな真の映像美の追究を第1にしたい。

天面に、THX認証取得の証明となるロゴのほか、本機が搭載する各種技術技術名称が印字される

リファレンスとしたソフト紹介

映像調整の指針を明確にするために、取り上げたタイトルと理由を述べておこう。

まずは『レヴェナント:蘇えりし者』(UHD BD版)。映画作品の代表として選抜。理由は、自然の風景をナチュラルかつ高画質に収めた作品であり、記憶色と照合して判断できること。平均輝度が映画作品として標準的で、日没後の暗転シーンの見え方もポイントだ。美しく完成度の高い映像なので、制作者の意図を引き出すことを最優先にしたい。カメラはAlexa65でネイティブ4K撮影され、色域はDCI-P3(UHD BDの規格はBT.2020)。

『レヴェナント:蘇えりし者』

続いては『宮古島』(UHD BD版)。数少ない60p収録作品。南国の明るい日差しで平均輝度が高く、制作者の意図として、空や海の青さ、緑の鮮やかさも強調されている。記憶色に近づけてナチュラルに映像に浸るか、制作者の意図を汲んでヴィヴィッドに色を楽しむか、2通りの楽しみが考えられる。撮影はCineAlta 4Kカメラ「F65」。

『宮古島』

そして『君の名は。』(UHD BD版)。線画アニメ作品の代表として選抜。解像度面では、自然画のようなディテールはなく、グラデーションと輪郭線が特徴。本作品の場合、光を意識した映像美が魅力で、映像装置の性能や調整で、印象も大きく変わる。マスターはUHD BD版、BD版共に、1,920×1,080/RGB4:4:4/10bit/BT.709。

『君の名は。』(コレクターズ・エディション)

備考として、今回の視聴と調整は、限られた条件下で行ったもので、すべてのユーザーの視聴環境に必ずしも当てはまらない点を留意頂きたい。ちなみに視聴室は完全暗室で、スクリーンは100インチのマリブ。本記事では、読者が視聴環境に沿って応用できるよう、各調整項目と映像の変化の関連性も分かるよう心がけているので、各家庭で最適あるいは好みに仕上げて欲しい。

作品視聴1.『レヴェナント:蘇えりし者』

(A) プロジェクターの特性を活かし、よりナチュラルな映像美を発揮させる調整

THXモードは制作者の意図を忠実に再現するのが狙いで、本機の性能はTHXも確認済み。「THX」モードを選ぶだけで、BT.709に即した誇張のない色表現と、ガンマ2.4に沿った明暗表現が得られる。THX認証モデルの安心感は大きい。

「THX」モードを選択、「シャープネス」を「5」へと変更

本作品はUHD BD版で、色域はDCI-P3基準で制作および収録しているようだが、本機の特性を考えると、映像調整で無理をさせず、何も変更しないのが無難。そうすることで、制作者の意図が大きく変わってしまうことなく、安心して楽しめる。

一点、「シャープネス」は、デフォルトの「10」だと、シュートが見える。字幕の黒と白に注目すると一目瞭然だ。検討の結果、シャープネスを「10」から「5」に引き下げた。

(B) 作品の個性を理解しつつ、筆者の主観込みでよりヴィヴィドに楽しむための調整

本作品は、自然が持つ美しさを尊重し、過度な色付けが無い。制作者の意図だが、BT.709基準での表示は、少し淡泊でモノ足りなく感じるのも事実。調整の狙いとしては、DCI-P3風の少し濃厚な画調だ。

「シネマ」モードは、「THX」モードよりもメリハリがありつつ、不自然さも無く好印象。逆光の眩しさやレンズのフレアも力強くなり、画が力強く印象的になる。ちなみに、「輝度」や「コントラスト」は中央値が「50」と、「THX」モードと同じだが画は違う。これは、シネマモードの中央値ということだろう。

「シネマ」モードに変更し、コントラストは「55」、シャープネスを「2」に設定

次は、選択した「シネマ」モードをベースに画を追い込む作業。ガンマはデフォルトが「2.2」なので、DCI-P3基準で暗室にも適するよう「2.4」に変更。中間調の明るさが落ち着き、暗室では映像の暗部が引き締まってコントラスト感もアップする。

ガンマは標準の「2.2」から「2.4」にアップ。「ブリリアントカラー」は「オン」とする

本機の「輝度」は、一般的には“ブラックレベル”に相当し、暗部の明るさを調整する項目。「輝度」を上げると暗部が浮いてコントラス感が下がる。本機の「コントラスト」は、一般的には“ホワイトレベル”に相当し、「コントラスト」を上げると明部が明るく力強くなるが、白飛びが生じる。最終的に、「コントラスト」を明部が白飛びしない限界の「55」に設定。

シャープネスは「2」でシュートが消え、自然な奥行き感が得られた。「ブリリアントカラー」は「オフ」から「オン」。明るくコントラスト感がアップしつつ、副作用も見あたらないのは好感が持てる。

「カラーエンハンサー」を「4」にまでアップ

最後に、CinamaMasterの中にある「カラーエンハンサー」を、「0」から「4」へ。少し強調することになるが、自然さを損なわない範囲で色が引き立る。例えば、明け方のシアン色の空はDCI-P3風に濃厚になり、より印象的で心に沁みる。

左が調整前、右が調整後の映像。色味が感じられる、印象的に画となった

『宮古島』と『君の名は。』でのオススメ設定値は?

前のページ 1 2 次のページ