参加は予約制で定員15名

アバック秋葉原本店、BenQの4K・DLPプロジェクター「HT9050」視聴会を9月2日に開催

編集部:押野 由宇
2017年08月28日
アバック秋葉原本店では、BenQのLED光源を採用した4K/DLPプロジェクター「HT9050」の視聴会を、9月2日(土)に開催する。時間は13:00〜14:30で、参加には応募フォームから事前予約が必要。

BenQ「HT9050」

HT9050は、およそ415万個のマイクロミラーを用いたDLP 4K UHD DMDチップを採用した4K解像度を実現するDLPプロジェクター(関連記事)。Philips社の「ColorSpark HLD LED」技術とBenQ独自のCinematicColor技術により、「DCI-P3」の広色域を実現する。

アバック秋葉原本店では、本機の発売を記念した特別視聴会を開催。「細部まで再現される4K解像度とデジタルシネマ品質DCI-P3対応の色性能で、上質な映画鑑賞をお楽しみください」と説明する。

会場はアバック秋葉原本店2Fプロジェクタースタジオで、司会進行はメーカー担当者が務める。プレーヤーはOPPO「UDP-205」。また、当日の成約特典として、イベントスペシャルプライスが設定されるほか、下取りによる購入も可能となっている。

【BenQ「HT9050」視聴会の詳細】
●日時:2017年9月2日(土) 13:00〜14:30
●会場:秋葉原本店2Fプロジェクタースタジオ
●司会進行:メーカー担当者
●参加予約:定員15名(要予約)
●予約フォーム:https://www.avac.co.jp/contents/2684

関連記事