最新MacBook Airのバグも修正

アップル、macOS Catalina 10.15.4追加アップデート。USB-Cが反応しないバグなど修正多数

  • Twitter
  • FaceBook
編集部・風間雄介
2020年04月09日
アップルは、macOS Catalina 10.15.4追加アップデートを提供開始した。「Macの安定性とセキュリティが向上」する、としている。

今回の追加アップデートでは、MacのUSB-Cポートが反応しなくなることがある問題を修正した。

さらに、発売されたばかりの「MacBook Air」(Retinaディスプレイ、13インチ、2020)で、設定アシスタントの途中や、4K/5K外部ディスプレイを接続解除してから再接続した際、フリーズすることがある問題も修正したという。

そのほか、10.15.4を入れたMacから、iOS 9.3.6以前またはOS X El Capitan 10.11.6以前で動作しているデバイスとのFaceTime通話に参加できなかったバグも修正。さらに、Office 365アカウントのパスワードを繰り返し求められることがある問題も解決したとしている。

記者はMacBook Pro(2018年モデル)で、macOS Catalina 10.15.3から10.15.4にアップデートしようとする際に電源が落ち、それ以降、Macの電源自体が入らなくなる、いわゆる「文鎮化」を経験した。現在修理が終わってデータ復旧中のため、代替機でこの原稿を書いている。アップルはこの問題について触れていないが、このバグも修正されていることを期待したい。

関連リンク

関連記事