アップルTIPS

MacのiTunesが3分裂! iPhoneファイル転送の「不便さ」を解決する方法

山本敦
2019年10月13日
10月8日から提供が始まった新しいmacOS「Catalina」において、マルチメディアファイルの “司令塔” だった「iTunes」が長い役目を終えた。これまでのiTunesの機能は「ミュージック」「Apple TV」「Podcast」などのアプリケーションに譲られたが、それに伴って使い勝手や操作方法も変更された。

「iTunes」のスクリーンショット。最新のmacOS CatalinaでiTunesが役目を終えた。ハイレゾ楽曲ファイルの転送方法が大きく変わっている

ハイレゾ楽曲や動画など、ファイルをMacからiPhoneに転送する方法も、従来から変更されたうちの1つ。今回はハイレゾ楽曲ファイルを例に取り、実際に試しながら手順を紹介していきたい。

まずMacにiPhoneを接続。Macで「ミュージック」を立ち上げてみると、画面の左側にある「デバイス」リストに “iPhone” が表示された。クリックして選択すると、iPhoneにダウンロード済みのiTunesストアで購入した楽曲が並んでいるが、従来の画面と様子が違って、HF PlayerなどiPhoneにインストールしているアプリとの「ファイル共有」メニューが見当たらない。

MacにiPhoneを接続後、ミュージックアプリを起動すると左側にデバイスとしてiPhoneが認識される。右上の黄色い線で囲ったボタンをクリックするとFinderウィンドウが立ち上がる

macOS CatalinaからはiPhoneにインストールしたアプリへのファイル転送はFinderで行う仕様に変更されたようだ。黄色い線で囲った「ファイル」メニューを選択する

そこで画面右上の「同期設定」ボタンをクリックしてみると、Finderウィンドウが起動して、見慣れた各種ファイルの同期設定の画面が立ち上がった。そう、Catalinaから、iPhoneとのファイル同期管理はFinderから行う仕様に変わったのだ。

iPhoneにインストールしているマルチメディアファイルが扱えるアプリが一覧に並ぶ。HF Playerに楽曲ファイルを転送してみた

続いてHF Playerにダウンロード購入したハイレゾ音源を転送してみる。これまでのようにファイルの「追加」ボタンが見当たらないので、試しに先ほどのFinder上へ、ドラッグ&ドロップでファイルをコピーしてみた。進捗を表示するステータスバーなどが表示されず、転送されているか分からなかったが、少し待ってHF Playerアプリのフォルダを展開してみると、中にアルバムタイトルのフォルダが生成されていた。

しかし、iPhoneの接続を解除してHF Playerアプリを起動してみたところ、転送したかった9曲のうち3曲しか表示されなかった。

しばらく待つと転送したファイル、フォルダが表示されるが、転送中のステータスを知らせてくれるインジケーターが見当たらない

ファイルやフォルダの削除はFinderウィンドウから簡単に行える

ファイルを削除し、同じ方法で再度ファイルを転送してみたが、先ほどよりも長時間待ってみたところ、無事全9曲が転送された。ハイレゾファイルなので転送時間が必要なのは当然だが、終わったのかどうか確認できないのは辛い。画面のどこかに転送状況を表示してほしいものだ。

楽曲ファイルの転送はAirDropが簡単にできてよかった。ファイルの転送中にはMacとiPhoneの両側でステータスを確認できる

もうひとつ、AirDropでHF Playerに転送する方法も試してみた。こちらは有線での転送とは異なり、MacとiPhone、それぞれの画面にファイル転送ステータスが表示されるため安心だ。転送終了後にiPhoneでHF Playerを起動してみたところ、全9曲のファイルが無事に転送されていた。

AirDropでは転送準備が完了するとどのアプリにファイルを保存するか選択する画面が表れる

HF Playerに転送した9曲のファイルがキレイに並んだ

今回は2つの転送方法を試してみたが、有線接続はステータスが表示されないため、使い勝手は今一歩だった。今後改善される可能性も十分にありそうだが、当面はCatalinaでMacからiPhoneへハイレゾ音源などの重いファイルを転送するならAirDropの方が良いといえそうだ。

関連リンク

関連記事