A10 fusionチップを搭載

アップル、10.2インチRetinaディスプレイを搭載した第7世代「iPad」。34,800円から

編集部:小澤貴信
2019年09月11日
アップルは、10.2インチのRetinaディスプレイを搭載した第7世代「iPad」を発表した。発売日は9月30日。

第7世代「iPad」

価格は、容量32GBがWi-Fiモデルで34,800円、Wi-Fi + セルラーモデルで49,800円。容量128GBが、Wi-Fiモデルで44,800円、Wi-Fi + セルラーモデルで59,800円(いずれも税抜)となる。カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色を用意する。

iPadのエントリーモデルが刷新。ディスプレイはRetina仕様で、従来の9.7インチから10.2インチへとサイズアップした。解像度は2,160×1,620(264ppi)。64bitアーキテクチャ搭載のA10 fusionチップを搭載する。

iPadのためのOS「iPadOS」を搭載。Smart KeyboardやApple Pencil(第1世代)にも対応し、従来からその連携性を高めている。

8メガピクセルのメインカメラ、1.2メガピクセルのフロントカメラを搭載。メインカメラは1,080p/30fpsのビデオ撮影に対応する。ステレオスピーカーも内蔵している。

touch IDセンサーを備えたホームボタンを搭載。3.5mmヘッドホン端子も備えている。ボディは100%再生アルミニウム製となる。

バッテリー持続時間は最大10時間。外形寸法は250.6W×174.1H×7.5Dmm、質量は、Wi-Fiモデルが483g、Wi-Fi + セルラーモデルが493g。

関連リンク

関連記事