64GB/256GBの2種類

アップル、460gの新「iPad Air」。A12プロセッサー搭載、Apple Pencilやキーボード対応

編集部:風間雄介
2019年03月18日
アップルは、iPadの新モデルとして、「iPad Air」の新モデルを発表した。本体カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色を用意する。容量は64GBと256GBの2種類。

Wi-FiモデルとWi-Fi + Cellularモデルの2種類が用意されており、Wi-Fiモデルの64GBモデルは54,800円、256GBモデルは71,800円。Wi-Fi+Cellularモデルの64GBモデルは69,.800円、256GBモデルは86,800円(すべて税抜)となる。

新「iPad Air」

画面サイズは10.5インチで、解像度は2,224×1,668ピクセル。P3の色域やTrue Toneにも対応している。輝度は500nit。

指紋認証付きのホームボタンは引きつづき搭載している。顔認証機能は非搭載。また端子もiPad ProのUSB Type-CではなくLightningコネクターとなる。新たにApple PencilとSmart Keyboardにも対応した。ただし対応しているApple Pencilは第1世代のものとなる。

プロセッサーはNeural Engine搭載のA12 Bionicチップとなる。Neural Engineや組み込み型M12コプロセッサを搭載している。そのほか、リアカメラは8メガピクセルで、F2.4の絞り値、5枚構成のレンズを搭載している。

本体質量はWi-Fiモデルが約456g、Wi-Fi+Cellularモデルが約464g。本体サイズは174.1W×250.6H×6.1Dmm。バッテリー持続時間は最大10時間。

関連リンク

関連記事