iOS13の追加機能にも対応

アップル、「iPadOS」発表。iPad専用のホーム画面やUSBストレージの読み書きに対応

編集部:成藤 正宣
2019年06月04日
米Appleは、カリフォルニア州サンノゼにて開催している開発者イベント「WWDC 2019」にて、iOSに代わるiPad専用のオペレーティングシステム「iPad OS」を発表した。リリースは今秋を予定し、対応機種はiPad Pro全機種/iPad Air 2以降のiPad Air/第5世代以降のiPad/iPad mini 4 以降のiPad miniとなっている。

iOSと異なるホームスクリーンを採用し、ウィジェットやアプリの切り替え画面も独自のものを採用。アプリを左右に並べて表示する「Split View」は同じアプリ同士やサードパーティー製アプリにも対応する。

iOSとは異なるOS、iPad OSが登場

ファイル管理機能も向上し、USBメモリやSDカードリーダーなど外付けデバイス内のファイルを直接認識、操作が可能。ファイルのzip圧縮/解凍にも対応する。

インターネットブラウザのSafariでは「デスクトップPC並のブラウジング」を謳い、GoogleドキュメントをはじめとするWebアプリへの対応、豊富なキーボードショートカットの用意、ダウンロードマネージャーの搭載などを行った。

ブラウザにはファイルのダウンロードマネージャーなども搭載する

タッチ操作もこれまで以上に充実させる。画面縁をなぞることでスクロールを可能にするほか、3本指ジェスチャーによるテキストのコピー/ペースト/アンドゥなどタッチ操作を拡張する。

iPadを持ったまま、小型キーボードをなぞるだけで素早くテキスト入力が可能に

Apple Pencilは遅延が9ミリ秒まで改善されるとともに、より多くのジェスチャーやショートカットが用意される。例えば、画面のスクリーンショットを撮り、そこに書き込むといった動作がApple Pencil 1本で可能になるという。

Apple Pencilの機能改善も行う

その他、本日発表されたiOS13で新たに搭載される、ダークモードやアプリの機能向上もサポートする。

関連記事