64GB/256GBの2種類

アップル新「iPad mini」はApple Pencil初対応。7.9インチ画面にA12プロセッサー

編集部:平山洸太
2019年03月18日
アップルは本日、新モデルとなる7.9インチの「iPad mini」(第5世代モデル)を発表した。Wi-Fiモデル、およびWi-Fi+Cellularモデルがラインナップされる。価格は45,800円(64GB・Wi-Fiモデル)から。iPad miniとして初めてApple Pencilに対応したことが最大の特徴。ただし対応しているApple Pencilは第1世代のものとなる。

「iPad mini」

Wi-Fiモデル、Wi-Fi+Cellularモデルともに容量は64GB、256GBを用意。価格はWi-Fi/64GBが45,800円、Wi-Fi/128GBが62,800円、Wi-Fi+Cellular/64GBが60,800円、Wi-Fi+Cellular/256GBが77,800円(いずれも税抜)となる。カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドを用意する。

ディスプレイには7.9インチのRetinaディスプレイを搭載。解像度は2,048×1,536ピクセル、326ppiとなり、P3の色域に対応した広色域ディスプレイとなる。周囲の環境に合わせ色温度を調節するTrue Toneに対応するほか、耐指紋性撥油コーティング、反射防止コーティングが施される。また輝度は500nit。

指紋認証付きのホームボタンは引きつづき搭載している。顔認証機能は非搭載。また端子もiPad ProのUSB Type-CではなくLightningコネクターとなる。

プロセッサーには64bitに対応したA12 Bionicチップを搭載。従来モデル「iPad mini 4」より最大で3倍高速とアピールしている。Neural Engineを搭載するほか、M12コプロセッサを備える。

リアカメラの解像度は8メガピクセルで、絞りの明るさはF2.4。またフロントカメラのFaceTime HDカメラは7メガピクセルとなり、絞りの明るさはF2.2となっている。

外形寸法は203.2W×134.8H×6.1Dmmで、質量はWi-Fiモデルが300.5g、Wi-Fi+Cellularモデルが308.2gとなる。またバッテリー持続時間は最大10時間。

関連リンク

関連記事