3GBのプランS/9GBのプランM/13GBのプランR

ワイモバイル、最大12%値下げのスマホ向け新料金プラン。契約期間や違約金は撤廃に

編集部:平山洸太
2019年09月09日
ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は、「ワイモバイル」のスマートフォン向けの料金プランを10月1日に改定する。


今回の価格改定は電気通信事業法の改正に伴うもの。10月1日より、契約期間・契約解除料が発生しない料金プラン「スマホベーシックプラン」を提供開始し、従来の料金プランと比較して、月額利用料金が最大12%の値下げとなるとしている。

新たに提供されるスマホベーシックプランは、3GBのプランS(基本料2,680円)、9GBのプランM(基本料3,680円)、13GBのプランR(基本料4,680円)を用意する。

またスマホベーシックプランに新規/MNP/機種変更で申し込んだユーザーを対象に、基本使用料を6ヶ月間毎月700円割り引く「新規割」を10月1日より開始する。合わせて、おうち割光セット/家族割引サービスの500円割引適用することで、月額1,480円から利用可能となる。

なお、これに伴い、現在提供されている2年契約の料金プラン「スマホプラン」は10月1日以降新規申し込みの受付を終了する。また現在提供されている「ワンキュッパ割」(基本使用料を1年間毎月1,000円割り引く)の申し込みも受付終了となる。

さらにスマートフォンの販売価格の見直しが実施され、「Android One S5」は49,200円から29,455円に。また「かんたんスマホ」は55,200円から42,546円になるほか、36回分割支払いの導入も予定される。

関連記事