2001年に開始したサービス

ソフトバンク、ADSLサービスを2024年3月末で終了

編集部:平山洸太
2019年05月10日
ソフトバンクは、ADSLサービスについて2024年3月末で提供終了すると発表した。

終了の理由について、光回線などによるインターネット接続サービスが主流になっていることを挙げ、その上で「保守部材の枯渇や設備の老朽化により、ADSLサービスの安定的な提供が困難な状況が見込まれる」と説明されている。

設備の状況を考慮し、2020年3月以降に一部の地域から順次終了していくとのこと。対象となるユーザーには、サービス終了予定日のお知らせ、および推奨サービスへの変更手続方法が2019年10日より順次案内される。

同社ADSLサービスは2001年に開始、今年で18年目を迎えたという。提供終了するサービスは以下の通り。

・Yahoo! BB ADSL
・Yahoo! BB ホワイトプラン
・Yahoo! BB バリュープラン
・SoftBank ブロードバンド ADSL
・SoftBank ブロードバンド ステッププラン
・ホワイトBB
・BBフォン単独サービス

関連記事