YouTubeチャンネルでのライブも見られる

フジロックにVR参加できるアプリ登場。ソフトバンクの5Gネットワーク活用

編集部:小澤麻実
2019年07月22日
ソフトバンクは、5Gネットワークを通じてバーチャル空間に再現されたフジロックの会場を歩き回れる無料アプリ「FUJI ROCK’19 EXPerience by SoftBank 5G」を本日7月22日から提供開始した。


“フェスへ行けないあなたにおくる、ヴァーチャルフェスアプリ!”と銘打ったもの。現地ステージの混雑具合や盛り上がりを数値化し、ソフトバンクの5Gネットワークでリアルタイムに転送・バーチャル空間に反映。ユーザーは自分のアバターを作成してその空間に参加し、会場にいる雰囲気を味わうことができる。「招待コード」を使って友達と一緒に入場することも可能だ。

バーチャル空間でフジロックに参加することができる※デモ版のため、本番のアプリとイメージが異なる箇所があります

さらに7月26日〜28日限定で、アプリ上からフジロックの公式YouTubeチャンネルでライブ配信している映像を視聴することもできる。

関連記事