発表会が開催

auが'19夏モデル発表。Galaxy S10/Xperia 1/AQUOS R3/P30 lite Premiumなど5月23日から順次発売

編集部:平山洸太
2019年05月13日
KDDI、沖縄セルラーは2019夏モデルとして、スマートフォン8機種、フィーチャーフォン1機種を発表。5月23日移行から順次発売する。

auが2019夏モデルを発表

【スマートフォン】
Xperia 1(6月中旬発売)
Galaxy S10+(5月23日発売)
Galaxy S10(5月23日発売)
AQUOS R3(5月下旬発売)
Galaxy A30(5月下旬発売)
HUAWEI P30 lite Premium(5月下旬発売)
TORQUE G04(8月下旬発売)
AQUOS sense2 かんたん(6月中旬発売)

【フィーチャーフォン】
GRATINA(KYF39/5月24日発売)

本日都内で発表会が開催され、KDDI株式会社 取締役執行役員専務 コンシューマ事業本部長 兼 商品・CS統括本部長の東海林 崇氏からプレゼンが行われた。また同発表会では、「最大4割おトク」を謳う2プラン、日本初となる「データ容量に上限のない」プランを発表。通信プランに関しては、別稿でレポートを行っている(関連ニュース)。

夏モデルの発表と新プランの発表が同時に行われた

今回発表された端末について、「エンターテイメントにハマる、ハイグレードモデル」「機能充実 コストパフォーマンスモデル」「こだわりに応える セグメント・モデル」と3つのジャンルに分けて紹介が行われた。

こだわりに応える セグメント・モデル

ハイグレード・モデル

ハイグレードモデルに位置づけられるソニー Xperia 1は、映画と同じ21:1のディスプレイを搭載するスマートフォン(関連記事)。世界初となる4Kの有機ELディスプレイを搭載しており、画面サイズは6.5インチ。Xperia初のトリプルレンズも搭載する。「映画コンテンツを画面一杯に表示される臨場感は圧倒する」と紹介された。

Xperia 1

背面にはトリプルカメラを搭載する

サムスンのGalaxy S10/S10+は、大画面の有機ELディスプレイとパワフルなプロセッサーを持つとするモデル。「動画やゲームは立体感があり、色鮮やかに表示できる」と紹介された。望遠/広角/超広角のトリプルカメラを搭載する。ともに有機ELを採用し、S10+は6.4インチ、S10は約6.1インチのモデルとなっている。

Galaxy S10

S10(左)、S10+(右)

シャープのAQUOS R3は、一般的なスマートフォンのディスプレイがもつ1677色から約64倍となる、10億色の表現色と従来比2倍の明るさをもつ「Pro IGZO」を採用したスマートフォン(関連ニュース)。10億色に対応したことで、「空のグラデーションまでくっきりと再現できる」と説明した。そのほかカメラは動画用・静止画用にわかれたデュアルカメラ構成となっている。

AQUOS R3

背面

次にコストパフォーマンスモデルとして、Galaxy A30とHUAWEI P30 lite Premiumを発表。分離プランの時代になり通信量が安くなったことで、端末にも安さを求めるユーザーを想定したという。

コストパフォーマンスモデル

Galaxy A30は、約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載し、3,900mAhの大容量バッテリーを搭載するスタンダードモデル。機能が充実しているだけなく、半日以上動画を視聴できるバッテリーを備えているという。また日本では防水性能が求められるとのことで、防水仕様となっている。

Galaxy A30

背面。4色がラインナップされる

もう1つのコストパフォーマンスモデルとなるHUAWEI P30 lite Premiumは、トリプルカメラを搭載したモデルとなっており、深度(奥行き)も測ることができるという。同社の特徴であるAIをカメラに搭載することで、最適なシーン設定を認識した写真が撮れるという。また本モデルはau専用となっており、グローバル版である「P30 lite」からストレージを強化、128GBのROMを搭載する。

HUAWEI P30 lite Premium

背面にはトリプルカメラを搭載する

こだわりに応えるとするモデルからは、京セラから4世代目となるタフネススマートフォン「TORQUE G04」が登場。シリーズ最強の堅牢性・耐久性を実現したとしており、コンクリートに落下させるなど厳しい試験をクリアしたという。海水において水深2.0mに1時間耐えられるだけでなく、温水のシャワーにも対応する。また手ブレと暗所に強い約2,400画素のカメラを備えたという。

TORQUE G04

背面

そのほか「スマホ初心者でも分かりやすい」とする簡単なホーム画面と学習アプリを搭載するシャープ「AQUOS sense2 かんたん」、折りたたみにこだわる方に向けたモデルとして、シンプルなデザインで5色のカラーがラインナップするフィーチャーフォン、京セラ「GRATINA」がラインナップされる。

GRATINA

AQUOS sense2 かんたん

なお一部モデルを対象に発売キャンペーンを実施。Galaxy S10/S10+では、予約の上購入し、応募したユーザーに完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds SM-R170(関連ニュース)」がプレゼントされる。Xperia 1では、予約の上購入することで、au WALLET残高へ5,000円がチャージ。またAQUOS R3では10,000円がチャージされる。

Galaxy Buds

AQUOS R3ではau WALLET残高へのチャージ(キャッシュバック)に加えて、期間中の購入で20,000円の割引も実施。そのほかHUAWEI P30 lite Premiumでは購入後応募することで、au WALLET残高に3,000円のチャージが行われる。

発表会では、国内最大級の高校対抗esports大会「Coca-Cola STAGE:0 eSPORTS High-School Championship 2019」にauが協賛することになったことも明かされた。現在はPCによるオンラインでのゲーム対戦だが、今後スマートフォンの画面の大型化、5Gによる通信の高速などを見据えると、esportsがスマートフォンでも楽しめるようになるのではないか、ということが理由だという。

auがeスポーツ大会に協賛

タッチ&トライではゲーミングコーナーも設けられた

関連リンク

関連記事