スマートパスプレミアム会員には1.5%還元

KDDIがスマホ決済「au PAY」提供。200円ごとに1ポイント還元、最大26.5%還元のキャンペーンも

編集部:押野 由宇
2019年04月04日
KDDIは、バーコードやQRコードを使った新たなスマホ決済サービス「au PAY」の提供を4月9日より開始する。

スマホ決済サービス「au PAY」

au PAYは「au WALLETアプリ」から利用可能。アプリ上に表示されるバーコードやQRコードをPOSレジや各種端末で読み取ることで、対象店舗での買い物・支払いに利用できるスマホ決済サービスとなる。

利用金額に応じて、200円(税込)ごとに1ポイント(0.5%相当)、auスマートパスプレミアム会員であれば200円(税込)ごとに3ポイント(1.5%相当)の「au WALLET ポイント」が還元される。

また4月15日10:00から4月30日20:00に「au WALLET ポイント つかえる! たまる! キャンペーン」を実施。キャンペーンの特典として、期間中「au WALLET ポイント」を「au WALLET 残高」にチャージすると、チャージ額が10%増額される。なお、本特典は100億円に達した時点で終了となる。

キャンペーンのイメージ

また4月23日以降、毎月3日/13日/23日の “三太郎の日” に「au PAY」で支払いを行うと、auスマートパスプレミアム会員には最大20%(200円ごとに40ポイント)、au STAR会員には最大5%(200円ごとに10ポイント)の追加還元を実施。通常のポイント還元と合わせて、最大26.5%の還元が受けられることになる。なお、特典での付与上限は月間合計5,000ポイント。

さらに、4月23日から7月31日まで、食べログ掲載の対象店舗で「au PAY」を利用することで、5%(200円ごとに10ポイント)のポイント付与が行われる。

対象店舗はコンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、飲食店などで、今後順次拡大していく予定。

「au PAY」対象店舗(4月4日時点)

支払いは「au WALLET 残高」を利用し、「au WALLET 残高」へのチャージは、すでに貯まっている「au WALLET ポイント」や、「auかんたん決済(通信料金合算支払い)」、じぶん銀行をはじめとした、クレジットカード、auショップ・ローソン店頭などが選択できる。

さらに、2019年夏以降、「au WALLET 残高」へのチャージ方法の拡充も実施。全国に2.5万台あるセブン銀行ATMで現金チャージが開始になるほか、「auかんたん決済(リアルタイムチャージ)」では、残高不足時にその場で不足額を自動でチャージが可能になる。

関連リンク

関連記事