ヘッドホンアダプターは1,000円

新iPad ProでLightningや3.5mm端子が撤廃、USB-C-3.5 mmアダプターやSDカードリーダーが発売

編集部:風間雄介
2018年10月31日
アップルは、11インチと12.9インチの新iPad Proを発表した。これらのモデルでは、Lightning端子がUSB-C端子に置き換わり、さらにこれまで搭載されていたヘッドホン端子も撤廃された(関連ニュース)。

このためアップルは、「USB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を新たに発売した。価格は1,000円(税抜)。文字通り、新iPad ProなどのUSB-Cデバイスに、ヘッドホンやスピーカーなど、3.5mmオーディオ端子を使うデバイスを接続するためのアダプターだ。

「USB-C - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」

また同社は「USB-C - SDカードリーダー」も新たに発売した。こちらの価格は4,500円(税抜)。

「USB-C - SDカードリーダー」は、写真や動画を、UHS-IIの速度で、11インチ/12.9インチの新iPad Pro、あるいはMacに転送するためのアダプター。アップル曰く「ほかの端子を邪魔しない設計」とのことで、UHS-II SDカードに対応。もちろん、ほかのSDカードやアダプターとの下位互換性も備えている。

関連記事