今春提供「11.3」の前に

アップル、iOS 11.2.6 提供開始。特定文字列でクラッシュするバグなど修正

編集部:風間雄介
2018年02月20日
アップルは、iPhone/iPad/iPod touch向けのiOS 11.2.6を提供開始した。

本バージョンはバグの修正が含まれ、特定の文字列を使用するとアプリがクラッシュする問題を修正した。また、一部の他社製アプリが外部アクセサリーに接続できない問題についても修正が行われている。

同社はバージョン11.2.5を1月24日に提供開始しており、HomePodのサポートやバグ修正などを行った。そこから約1ヶ月でのバージョンアップとなる。

また同社は、この春にiOS 11.3を提供開始する予定(関連ニュース)。11.3では、バッテリーの健康状態を示し、バッテリーの修理が必要な時に推奨してくれる新機能が追加される。またApple Musicにも新機能を追加し、広告表示なしでミュージックビデオを視聴可能になる。

関連リンク

関連記事