Touch Bar搭載モデル

Macでも「ヘイSiri」。アップルが新MacBook Pro発表、198,800円から

編集部:押野 由宇
2018年07月12日
アップルは本日、新MacBook Proを発表した。13インチモデル(198,800円から)および15インチモデル(258,800円から)をラインナップ。ともに本日よりapple.com/jp と一部のApple Storeにて、また今週末より一部のApple製品取扱店で販売開始する。

新しいMacBook ProはTouch Barを搭載。第8世代のIntel Coreプロセッサを搭載し、15インチモデルは6コアのCore i9プロセッサーで、最大2.9GHzの動作が可能。従来よりも最大70パーセント高速となる。メモリを最大32GBまで追加できるオプションが用意され、同時に実行できるアプリの数が増えるほか、大容量のファイルをメモリーに読み込めるとしている。

Touch Bar搭載の新MacBook Pro

Core i7のクアッドコア(4コア)プロセッサーを搭載した13インチモデルは、最大2倍高速な処理能力を発揮。大規模データセットの操作、複雑なシミュレーションの実行、マルチトラックのオーディオプロジェクトの制作、先進的な画像処理、映像の編集といった作業にも使えるとしている。

さらに最大32GBメモリのサポート、True Toneディスプレイ、より静粛にタイピングできるように改良された第3世代のキーボードなどが、既存モデルからのアップデートとなる。加えてすべての15インチMacBook Proには、Radeon ProディスクリートGPUを搭載している。

そのほか大型の感圧タッチトラックパッド、Touch BarとTouch ID、アップルの独自設計による静粛な冷却システムを搭載した。

またデータ転送や充電、2台までの5Kディスプレイへのビデオ出力、最大4基の外部GPUを接続できるThunderbolt 3ポートも完備した。

13インチモデルでは最大2TBまで、15インチモデルでは最大4TBまでSSDストレージが拡張可能となっている。

またRetinaディスプレイは500nitの輝度と広色域に対応。さらにホワイトバランスを自動的に整えるTrue Tone技術も備えている。同社は「過去最高のMacノートブック用ディスプレイ」と説明する。さらにスピーカーも強化しており、スピーカーがシステム電源に直接つながっているので、ピークの増幅がより大きくなっている、としている。

そしてiMac Proで初めて導入されたApple T2チップが、新たにMacBook Proにも搭載された。これにより、「Hey Siri」と呼びかけてSiriが起動できるようになったほか、MacBook Proシステムのセキュリティが強化されて、セキュアブートとストレージのオンザフライ暗号化への対応を実現した。

13インチモデルの厚さは14.9mmで、質量1.37kg。15インチモデルは15.5mm、1.83kgとなる。

そのほかアップルは、今秋にはMacBook ProをmacOS Mojaveへアップデートすることも強調。ファイルを自動的にスタックしてグループ化して整理するスタック機能や、iOSアプリケーションで馴染みのあるNews、株価、ボイスメモ、ホームなどが初めてMacでも使えるようになる。またFaceTimeがグループ通話に対応するほか、Mac App Storeが刷新される。

関連リンク

関連記事