アップル、Retinaディスプレイ搭載のMacBook Proを発売

ファイル・ウェブ編集部
2012年06月12日
アップルは、15.4インチで2,880×1,800ピクセルのIPS液晶「Retinaディスプレイ」を搭載した新しいMacBook Proの販売を開始した。

Retinaディスプレイ搭載のMacBook Pro

ディスプレイを高解像度化したことで、対応アプリとの組み合わせで、ドット感のない表示が可能になる。

2種類のラインナップを用意し、下位機種は184,800円から、上位機種は238,800円から。

プロセッサーは2.3GHzと2.6GHzの、ともにクアッドコアのIntel Core i7を搭載。メモリーは8GBのオンボードで、16GBにも変更できる。

ストレージはSSDのみで、256GBと512GBをラインナップする。そのほか、新しくなった電源ポート「MagSafe 2」や2つのThunderboldポート、USB 3ポート2端子、HDMIポート1端子などを搭載。SDXCカードスロットも備えている。

バッテリー持続時間は、Wi-Fiでインターネットを見る環境で最大7時間。スタンバイ時間も最大30日間とした。

筐体も薄型・軽量化した。外形寸法は358.9W×18H×247.1Dmm、質量は2.02kg。

関連記事