5120×2880ピクセル

アップル、5K解像度のデスクトップPC「iMac Retina 5K」

ファイル・ウェブ編集部
2014年10月17日
アップルは、5K解像度のデスクトップPC「iMac Retina 5K ディスプレイモデル」を発売する。標準モデルの価格は258,800円(税抜)。

「iMac Retina 5K ディスプレイモデル」

ディスプレイは27インチで、解像度は5,120×2,880ピクセルで、総画素数は約1,470万。IPS液晶を採用している。液晶分子は紫外線光で光配向されており、これにより正面方向のコントラストが向上したという。

ディスプレイには酸化物ベースのTFTを「かつてないほど精密に製造」したとアップルでは説明している。酸化物半導体では、シャープが「Indium」(インジウム)「Gallium」(ガリウム)「Zinc」(亜鉛)「Oxygen」(酸素)を使った酸化物半導体を「IGZO」として訴求しているが、iMacに搭載された酸化物ベースのTFTの構成は説明されていない。

この高い解像度を実現するため、新たなタイミングコントローラーを開発。一世代前の27インチiMacに比べて4倍となる最大40Gbpsの帯域幅を持つという。さらにバックライトも高効率のLEDにして、輝度と電力消費量を両立させた。そのほか、ピクセルとデータラインの間に有機パッシベーションを設けたことも電力消費量の削減に貢献したという。

ディスプレイの構造

色再現性についても注力。すべてのディスプレイを対象に、「先進的な分光放射計」によっって厳密な色補正を行っていると説明している。

プロセッサーは3.5GHzのクアッドコアIntel Core i5プロセッサで、Turbo Boost使用時は最大3.9GHz。オプションで4.0GHzクアッドコアIntel Core i7に変更が可能だ。

グラフィックスプロセッサーはAMD Radeon R9 M290X(2GB GDDR5メモリ搭載)。Radeon R9 M295X(4GB GDDR5メモリ搭載)に変更することもできる。

メモリーは1,600MHz DDR3メモリで、8GB(4GB×2)を搭載。オプションで16GBまたは32GBに変更が可能だ。

ストレージは1TBのFusion Driveで、オプションによって3TBのFusion Drive、または256GB、512GB、1TBのSSDに変更できる。

関連記事