手持ちで手ブレのない撮影が可能

DJI、手持ち4Kカメラ「Osmo」に光学ズーム対応モデル「Osmo+」追加

編集部:小澤貴信
2016年08月26日
DJIは、ズーム撮影に対応した手持ち型ジンバルカメラ「Osmo+」を発売した。価格は71,400円/税抜(ハンドル+Zenmuse X3ズームカメラ)となる。

「Osmo+」

Osmoは、ジンバル機構を搭載した専用ハンドルとカメラから構成。手持ちでも常に手ブレのない安定した動画撮影を行うことができる。従来モデルの「Osmo」は搭載するカメラが単焦点タイプだったが、Osmo+ではズーム撮影に対応したカメラ「Zenmuse X3ズームカメラ」を搭載。光学3.5倍ズームとロスレスデジタル2倍ズームを組み合わせることで、22mm〜77mmの焦点距離に対応し、HD画質のまま7倍ズームを行うことができる(1,080p撮影時のみ)。

カメラ部はSony Exmor R CMOS 1/2.3型センサーを搭載。有効ピクセル数は1,240 万(総ピクセル数は1,276万)となる。4K/30fps動画に加えて、1080p/100fpsのスローモーション動画撮影に対応。一体型のFlexiMicにより音声録音性能も向上したという。静止画撮影については、12メガピクセルの静止画をAdobe DNG RAWで撮影することも可能となっている。

ハンドル部の外形寸法は61.8W×48.2H×161.5Dmm、質量は201g。

関連記事