3840×1920/30fps動画撮影対応

サムスン、4K対応の360度球形カメラ「Galaxy Gear 360」。7月15日発売

編集部:杉浦 みな子
2016年07月14日
サムスン電子は、4K解像度の360度動画が撮影できる全天球カメラ「Galaxy Gear 360」を7月15日に日本で正式発売する。価格はオープンだが、4万円台後半での実売が予想される。

Galaxy Gear 360

サムスン電子ジャパン(株)代表取締役最高経営責任者 堤浩幸氏

外形寸法約60.1W×56.3H×66.7Dmm、質量は約152g(バッテリー含む)の球形デザインが特徴的な360度カメラ。今年2月にバルセロナで開催された「Mobile World Congress」にて発表され、第2四半期に複数の国々で発売されることがアナウンスされていた(関連ニュース)。今回、日本での発売が正式決定した格好だ。MWCでの発表時は「Sumsung Gear 360」の名称だったが、日本ではGalaxyブランドの一製品として展開する。

専用の三脚アクセサリーで自立させたところ

■約1,500万画素CMOS/F値2.0レンズの二眼式カメラ

カメラは、本体球形ボディの前後それぞれに約1,500万画素CMOSのカメラを1基ずつ搭載する二眼式。4K相当3,840×1,920/30fpsの動画や、30メガピクセルの高精細静止画を撮影可能だ。F値2.0の明るいレンズを備えており、ノイズを抑えた明るい360度動画/静止画撮影をサポートする。

Gear 360の特徴。4Kクオリティの層が撮影が可能


Wi-Fi経由でスマホ連携させて便利に使える

タイムラプスなどの撮影モードも
記録メディアとしては、最大200GBまでのmicroSD/SDHC/SDXCカードに対応。記録フォーマットは、動画がMP4(H.265)、静止画がJPEG。ライムラプス動画やループ動画などの撮影も行える。ホワイトバランスや露出などの調整も可能。

サイドから見たところ。フロントとリアに1基ずつカメラを搭載する二眼式。Bluetooth接続ボタンなどを備えている

手のひらサイズの特徴的な球形形状は、空気力学を考えたデザインとのこと。本体には着脱式のバッテリーを搭載する。そのほか、IPX3相当の防滴性能、IPX5相当の防塵性能も備えている。

Wi-Fi機能も備えており、IEEE802.11a/b/g/n/ac規格に準拠。同社のスマートフォンGalaxyシリーズと連携させれば、撮影時にスマホ側でのライブビューイングも行える。また、Galaxyシリーズ専用アプリ「Gear 360 Manager」を使用すれば、撮影した動画/写真をWi-Fi経由でスマホに転送可能。転送した動画/写真をアプリから閲覧・編集したり、SNSでシェアしたりすることができる。

撮影操作は専用アプリから行う


アプリから撮影動画/静止画の保存を行うと、Gear 360本体からスマホ側に撮影動画/静止画をコピーできる。アプリからは、Gear 360本体側とスマホ側のファイルを両方とも管理できる
もちろん、同社のヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」で楽しむことも可能。Gear 360で撮影した360度動画を、Galaxyスマホに転送し、それをGear VRに装着して没入感のあるVR映像で視聴するという楽しみ方ができる。

Gear VRやGalaxyスマホと連携させて、撮影した360度動画/静止画を没入感のあるVRで楽しむこともできる

VR視聴したいファイルを選んでGear VRに装着するメニューを選べば、撮影した360度動画/静止画をGear VRで楽しめる

■Gear 360で、思い出を「空間ごと」残す

サムスンでは、IoT時代に向けてウェアラブル端末「Gear S」などをラインナップし、さらにスマートフォンGalaxyシリーズ、ヘッドマウントディスプレイGear VRなどVRの楽しさを体験できる製品・サービスの開発に取り組んできている。今回のGear 360に関して、サムスン電子ジャパン(株)代表取締役最高経営責任者 堤浩幸氏は、「ただ既存のVRコンテンツを観るだけの提案ではなく、VR動画自体を作る楽しみも享受できる製品として、Gear 360を提供する。Galaxyで実現する新しい世界を体験してほしい」と述べた。

IoT時代に向けた各種製品をラインナップする

Gear 360の製品テーマは「思い出の残し方を変える」。これまで写真など平面でしか残せなかった思い出のワンシーンを、360度の「空間ごと」残せるようにするものだと同社はアピールする。

Gear 360で思い出を「空間で」残せることをアピール

「残したい瞬間を空間で切り取り、みんなに共有できる」

同社 プロダクト担当 糸櫻幹推氏は「Gear 360で思い出を切り取り、その空間ごとみんなにシェアできる世界が実現する」と表現。「空間を残せる楽しさ・面白さを多くの人に体感してもらって、また空間ごとたくさんシェアしてほしい」と語った。

サムスン電子ジャパン(株)プロダクト担当 糸櫻幹推氏

関連リンク

関連記事