Peanuts Holdingsの持分取得の確定契約を締結

ソニー・ミュージックエンタテインメント、スヌーピーなど「ピーナッツ」のコンテンツホルダーに

編集部:押野 由宇
2018年05月14日
ソニーの完全子会社であるソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、DHX Media Ltd.(DHX Media)が保有するPeanuts Holdings LLCの持分80%のうち49%を、SMEが間接的に取得する確定契約を締結したことを発表した。

本取引の結果、DHX MediaがPeanuts Holdings LLC全体の持分の約41%、SMEが約39%を保有し、残りの20%は「ピーナッツ」の原作者 チャールズ M.シュルツのファミリーが引き続き保有することとなる。

取得金額は約204億円(185百万米ドル/1米ドル=110円で計算)で、今後一定の調整を経て決定される。なお、両社は、関係当局の承認および許可の取得、その他事項を条件として、2018年6月30日を目途に本取引の完了を目指す。

SMEは今後、世界有数のIPとして知られる「ピーナッツ」のコンテンツホルダーとして、ソニーミュージックグループが持つキャラクタービジネスのノウハウを活用し、「ピーナッツ」に関わるIPビジネスの拡大と、さらなるブランド力の向上を目指すとしている。

DHX Mediaは子供向けのコンテンツやブランドを保有する大手企業。「ピーナッツ」をはじめ、「テレタビーズ」、「ストロベリーショートケーキ」、「ケイルー」、「ガジェット警部」のほか、高い評価を受けている「デグラッシ」シリーズといった資産を保有している。

関連記事