諸般の事情により

ソニー、「WI-1000X」「WH-1000XM2」のGoogleアシスタント対応アップデータ提供を一時停止

編集部:小野佳希
2018年05月18日
ソニーは、昨日からファームウェアを配布開始した、イヤホン/ヘッドホン「WI-1000X」「WH-1000XM2」をGoogleアシスタントに対応させるアップデート(関連ニュース)について、そのファームウェア公開を一時停止した。

ファームウェア配布停止の理由については「諸般の事情により」と説明。配布再開については、情報が入り次第改めて案内するとしている。

なお、同日から開始している完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」アップデートについては、引き続き最新ファームウェアの提供を行っている。

関連記事