スマートスピーカーやドローンなども

ソニー、GPS搭載でハイレゾ対応のボード「SPRESENSE」。個人でIoT機器が作れる

編集部:風間雄介
2018年05月14日
ソニーは、IoT 向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボード「SPRESENSE」(スプレッセンス)のメインボードと拡張ボードの2点を商品化し、7月31日に発売する。

メインボードは「CXD5602PWBMAIN1」で、価格は5,500円(税抜)。拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」も用意され、こちらは3,500円(税抜)程度となる。

SPRESENSE メインボード「CXD5602PWBMAIN1」(左)、拡張ボード「CXD5602PWBEXT1」(右)

ソニーがこれまで培ってきた、高性能なGNSS(Global Navigation Satellite System)レシーバーや、ハイレゾ音源対応のオーディオコーデック等を内蔵した、マルチCPU構成採用の独自ボード。

メインボードには、6個のCPUを搭載したマルチコア構成を採用。またマイク入力は最大8chをサポートし、192kHz/24bitのハイレゾ音源の録音・再生などが行える。またGPS/GLONASS をサポートし、世界各地で高精度な位置情報が取得できる。また低消費電力であることも特徴だ。

同社ではメインボードについて「個人でも容易に高性能で汎用性の高いアプリケーションの開発を可能」と説明。例として「GNSS測位技術と高機能プロセッサを活用して飛行制御を行うドローン」「音声で操作するスマートスピーカー」などを挙げている。

また拡張ボードにはヘッドホン端子、マイク端子、SDカードスロットを備えており、録音・再生等を行うオーディオアプリケーションの開発に活用できる。またメインボードのI/O電圧を1.8Vから3.3Vもしくは5.0Vに変換できるコネクターも備えている。

関連記事