HOME > ニュース > ニコン、高解像と小型軽量を両立した超望遠レンズ「NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S」

野鳥、スポーツ撮影を手持ちで存分に楽しめる

ニコン、高解像と小型軽量を両立した超望遠レンズ「NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S」

2022/06/29 デジカメCHANNEL編集部
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ニコンは、ニコン Z マウントシステムに対応した超望遠単焦点レンズ「NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S」を7月15日より販売開始する。価格は500,500円(税込)。


NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S
高い解像力と小型・軽量を両立した、FXフォーマット(フルサイズ)対応の超望遠レンズ。焦点距離400mm、開放F値4.5の明るさながら、質量はクラス最軽量となる約1,160g(三脚座なし)。全長も約234.5mmとコンパクトに収まっており、野鳥をはじめとした野生動物、スポーツなどの撮影も手持ちで楽しめる。

テレコンバーターの装着にも対応しており、「Z TELECONVERTER TC-1.4x」を装着すると560mm、「Z TELECONVERTER TC-2.0x」を装着すると800mmまで焦点距離を延ばすことが可能だ。

Z マウントレンズの中でも特に光学性能にこだわった「S-Line」に属するレンズとして、EDレンズ1枚、スーパーEDレンズ2枚、SRレンズ1枚を効果的に配置することで色収差を大幅に抑制。「ナノクリスタルコート」の採用により、ゴーストやフレアを抑えたクリアな描写を実現する。

レンズ構成のイメージ図

STM(ステッピングモーター)による高速・高精度かつ静寂なAF駆動に加え、Zマウントレンズで最も高い5.5段の補正効果を発揮する手ブレ補正機構「VR」も搭載。さらに「ニコン Z 9」との組み合わせ時は、ボディー内手ブレ補正と連携する「シンクロVR」により、6.0段分の補正効果となる。


SPEC ●焦点距離:400mm ●絞り値:F/4.5-F/32 ●最短撮影距離:2.5m ●フィルター径:φ95mm ●外形寸法:約φ104mm×234.5mm ●質量:約1,245g(三脚座含む)●対応センサーサイズ:フルサイズ ●対応マウント:ニコンZマウント

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE