多くの最新製品が披露

<CES>ニコン、次世代フラグシップ「D6」の実機展示。発表直後の「D780」なども

編集部:平山洸太
2020年01月10日
米国ラスベガスに世界中から様々な分野の企業が集う「CES 2020」。ニコンはブースに多くの同社カメラやレンズを並べ、様々な組み合わせを試せるようになっていた。

ニコンブース

またステージでは写真家によるトークショーが行われていたほか、スタッフに写真を撮影してもらえるミニスタジオも用意された。

「D6」

背面イメージ


上部イメージ

側面イメージ
同ブースでもっとも注目されるのは、フラグシップモデルとなる “D一桁” シリーズの最新モデル「D6」。昨年9月に開発発表が行われたモデルで、アクリルケースの中に入っていたものの、ボタンの配置や質感などを確認することができるようになっていた。

いくつもの台が用意され、多くのカメラを体験できるようになっていた

「D780」

そのほか、1月24日に発売されるフルサイズ一眼レフカメラ「D780」も早速展示。おなじく1月7日に発表されたコンパクトカメラ「COOLPIX P950」、交換レンズ「NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S」「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」も体験できるなど、多くの最新製品が披露された。

関連記事